Photo by GettyImages
メディア・マスコミ エンタメ
フジテレビ上層部、月9を「やめる/やめない」大モメ会議
今クールも大コケ…

『家政婦のミタ』や『半沢直樹』『逃げ恥』『ドクターX』など、テレビ離れが叫ばれる昨今でも、大ヒット作は現れる。ただしフジテレビ以外から。

かつてあれだけ若者を魅了した月9はどうなるのか?

竹野内豊に逃げられた!

もう誰も驚かない。フジテレビの看板ドラマ枠「月9」が今クールも大ピンチに陥っている。

西内まりや主演の『突然ですが、明日結婚します』は、第1回(1月23日)の視聴率が8.5%と無残な結果に終わった。これは初回視聴率としては月9歴代ワーストだ。

「局内では『もっと低いと思っていたよ』と公然と言う社員もいました。そもそも今回は竹野内豊が主演し、脚本家・山田太一の長女でフジのドラマ班のエース、宮本理江子が演出する予定でした。

宮本はこれまで中井貴一主演の『風のガーデン』や小泉今日子主演の『最後から二番目の恋』を手がけていました。現場はこれまでにない見応えのある作品を作ろうとしていたんですよ。

ところが、企画内容が竹野内の所属事務所と折り合わず、白紙になってしまった。

まったく違う企画で急遽代わりの主演を探し、たまたまスケジュールが空いていた西内を起用することになったんです」(フジテレビ関係者)

かつて誰もが主演したいと願った月9の権威は消えてしまった。放送前の会見で、西内は「実は海外留学の予定でした」と明かし、相手役のミュージシャン・山村隆太もオファーは「11月末の突然の話」と告白。共演する沢村一樹には年末に打診があったという。

「主要キャストに舞台ウラのドタバタをバラされてしまったわけです。第1回も放送の2日前まで撮影しており、スケジュールもギリギリ。このままでは途中で打ち切りになるのではないでしょうか」(スポーツ紙担当記者)

ストーリーもいまの時代に求められているものとは言い難い。西内が演じるのは大手銀行勤務のキャリアウーマン。結婚願望の強い彼女が、独身主義のイケメンアナウンサーと恋に落ちる。

元テレビプロデューサーで上智大学教授の碓井広義氏が言う。

「視聴者はちゃんと見るべきドラマを見極めています。美男美女が紆余曲折を経て最後は幸せになるという流れが見なくても分かる。見る動機がないんです。

視聴者と感覚がズレてしまっている。この作品はテレビマンとして本当に作りたいドラマなんでしょうか」

 

月9は昨年放送の4作品が、いずれも平均視聴率ヒトケタに終わっている。

福山雅治主演の『ラヴソング』が8.5%、ジャニーズの山田涼介主演の『カインとアベル』が8.2%で、歴代ワーストの数字を次々と更新したが、今クールはさらに低調に終わる可能性が出てきた。

月9 101のラブストーリー』の著者で評論家の中川右介氏が語る。

「俳優を決めてから脚本を作っていくスタイルで、月9がピークを迎えたのは'97年頃です。昨年は、月9の凋落を決定づけたような年でしたね。

恋愛モノが時代の雰囲気に合わなくなったという声もありますが、TBSの『逃げ恥』がヒットしたことを考えるとそうでもない。

フジは試行錯誤するものの、放送前に『今回もダメだ』という声が広まり、視聴者側もどこか色眼鏡で見てしまうんです」

フジが月曜9時から連ドラを撤退する日がついに現実味を帯びてきた。

若い女性が見てくれない

昨年10月の定例会見でフジの亀山千広社長は、月9の終了について、

「微塵も考えていない」

と断言したが、別のフジ関係者は次のように語る。