国家・民族

武士が担った革命・明治維新は、なぜ武士の世界をつくらなかったのか

橋爪大三郎×大澤真幸の歴史対談【第一回】

橋爪大三郎さんと大澤真幸さん。日本を代表する二人の社会学者が、江戸から明治に代わる時代に何が起こったのかを語りあう全4回の対談。その1回目をお届けします。

あの本で話足りなかったこと

大澤 皆さん、こんにちは。

2ヵ月ほど前に橋爪さんと、『げんきな日本論(講談社現代新書)という本を出しました。これは幸い、かなり好調に多くの読者を獲得している感じですけれども、今日はこれを一つのきっかけにしてお話ししようと思います。ただ、本に書いてあることをそのまま薄めて話をするのでは面白くないですから、まだ話し足りなかったこと、語れなかったことをここでお話ししようと思います。

まず、今日のテーマというか、問題設定をお話しします。『げんきな日本論』というのは、橋爪さんが「はじめに」に書いていますけれども、日本について元気なことがこんなにたくさんあるぞ、みたいなことが書いてあるわけじゃないんです。何が元気かというと、たとえば、自分は何者であるかという、どこから来たのか、それを知るということですよね。そのことが元気になる一番の原点なんです

日本には、いろんな事情があると思うんですけど、ある種の歴史的断絶の感覚というのがあって、自分の過去と現在の間にどうつながりがあるか、というのがうまく説明づけられていないんです。

僕らが集合的に自分たちを考えたときの、「われわれ」の中に、本当は明治以前の日本列島にいた人たちも含めているはずなんだけど、その自分たちの歴史的伝統と自分たちの現在とがどうつながっているのかということがもう一つ、見えていないんですね。その見えていないということが、日本人がこの社会で現在生きるときに元気になりきれない一つの原因になっているんじゃないかということです。

今日は、江戸から明治――近代化と普通いわれる日本の端緒になる場所ですけど――そのことに関係するお話をその時点に遡りながら考えてみます。

世界史的にも例外的な革命

大澤 とりあえず、問題設定をしようと思います。

とにかく、明治のときに大きな日本の社会の変換があって、それ以前とそれ以降ではだいぶ違ってきています。それが明治維新と言われるわけです。いろんな国に革命的な変化ってあるわけですが、日本ではそのときに、非常にドラスティックな、劇的な変化というのがある。江戸幕府が終わって明治になる十何年間というのは、日本の歴史の中でも最も大きな転換点の一つであったことは間違いないわけですね。

ただ、それを見たときに、何かちょっと不思議なものを感じます。

たとえば比較の対象として、フランス革命というのがありますね。一八世紀の終わりから一九世紀の初めぐらいにかけて、フランスが大きな転換を遂げる。これはフランス一国だけじゃなくて、西ヨーロッパ全体にとってものすごく大きな革命だったわけですけれども、そのとき、こういうことが起きるわけです。

 

フランスにはもともと、三つの身分が主要な身分としてあるわけですね。僧侶というか、聖職者、それから貴族。そして一般の平民を合わせて三つの身分というような感じで、身分制代表の議会があるわけです。その議会がきっかけになって革命が起きた。そのときに、革命の主体派というのは当時、第三身分といわれた人たちですね。

そして革命後にできた社会は言ってみれば、第三身分を中心にした社会になるわけです。つまり、貴族とか聖職者というのは社会の隅に置かれて、むしろ第三身分の社会のメンバーが基本になるという転換を遂げるわけです。

それは他の大きな革命を見てもだいたいそうなんです。つまり、革命の担い手というものがいて、それは大抵、社会の中で一番冷遇されている場合が多いので、その人たちが中心になって革命が起こり、それ以前まで一番冷遇されていたように見えたその身分が、気がついてみれば、革命後は逆にメジャーな存在になっているという、白黒反転のようなことが起きる。

さて、そういう観点で明治維新を見てみると、ちょっと不思議なことに気がつくわけです。明治維新ではいろいろな変化が起きるわけですけども――たぶん、やっているときに人々は何が起きるかわからずに、無我夢中にやっているんだと思いますけど――その中心になった担い手は何かというと、やはり武士なんですね。

ところが、革命が終わってできあがった社会を見ると、武士の社会になるわけじゃないんです。僕はその当時、武士の社会になると思って、改革というか運動に関わっていた人はたくさんいたと思います。つまりこれで勝った以上、いよいよ本当の意味での武士の社会がやってくると。徳川将軍はいなくなるかもしれないけれども、別のヘッドを構えた、たとえば天皇陛下を中心とした武士の社会になるんじゃないか、そういうイメージでやっていた人もいたはずです。

ところが、実際にはまったくそうならなかった。

むしろどっちかというと、その革命に傍観者のように関わっていた人たち、商人であるとか、農民だとか、そういう人たちが、ある意味では新しい社会で平等に扱われる、そういう社会に変化していった。 

そうすると、この革命は、世界史の中の大きな革命の中では非常に例外的な、非常に変わったメカニズムだったということがわかるんですよね。なぜ武士がそれを担ったのに、結局、武士の世界にならなかったんだろうか。

それをわれわれの問題設定にしていきます。そのことを掘り下げていくと、近世の日本社会というのはどんなものであったのかがわかる。それと同時に、現在のわれわれが何者であるかということも、一つ、だんだんと見えてくるんじゃないかというのが私の目論見なんです。

とりあえず問題設定をしたところで、早速、橋爪さんから今度はまた伺いたいんですけど、今言ったように、これは少なくとも幕藩体制全体を見通さなければ解けない問題だと思うんですね。ですから、まず同じ武士の世界でも、徳川幕府というのは、それまでの武士の世界とはちょっと違う。

その徳川幕府というのがどういうコンセプト、どういうプランでつくられてきたのか、どういうものだったということを、一番最初の徳川家康ぐらいから、遡って話していきたいと思うんです。

橋爪さんから最初のテーマ、いかがでしょうか。