現代新書
マルサの尾行はこんなに大変です…「あだ名」を頼りに、半年張り込み
「国税局査察部24時」特別篇

緑のジャガーを追え!

伊崎チーフ「こちら、特車(特殊自動車)です! ターゲットが高速道路に入りました。銀行に向かうものと思われます。このまま追跡します」

銀行前で待機する川中総括に、伊崎チーフが携帯電話で報告をした。

伊崎チーフ「上田。運転頼むぞ……。おい。少し車間を空けすぎだな。他車に入り込まれて見失うぞ!」

上田「分かってますっ!」

アクセルをめいっぱい踏み込むが、特車は言うことを聞いてくれない。みるみるうちに緑のジャガーのテールランプは遠ざかっていく。

伊崎チーフ「こらっ! 車間を空けるなと言っただろう? ジャガーが見えなくなってきたぞ」
上田「分かってますが……これでベタ踏みです」
伊崎チーフ「なにっ! この加速の悪さはなんだ! こんなクルマじゃ尾行なんかできないぞ。マルサのターゲットは、ほとんどが高級車に乗っているんだからな!」

発売即重版となった『国税局査察部24時』。その任務の秘匿性から、ほとんど明らかになってこなかったマルサの実態を、元国税査察官の上田二郎氏が描いた貴重な一冊だ。今回、上田氏がマルサで使われている「特車」について解説する。

特車に選ばれるのは、マルサが任務を遂行するため、①狭い道に停めても邪魔にならないような、②リアシートに潜んで長時間の張り込みができるように、車内空間が広い小型のワンボックスカーだ。

選んだクルマは、ラルゴ。当時、最も売れていたスカイブルーの車体で、リアシートをカーテンと車窓フィルムで覆い、望遠カメラとモニターを搭載して、遠方からでも監視できるように改造した。

この日はターゲットが3ヵ月ぶりに動いた日で、絶対に尾行を成功させなければならなかったのだが、上田は特車の弱点をまざまざと思い知らされることになる――。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら