〔PHOTO〕gettyimages
行政・自治体 選挙 政局
【小池新党】自民を切って「民進」と組んだら、エライことになる!?
入り乱れる思惑

都知事は官邸の敵なのか、味方なのか

1月17日、時事通信が「小池都知事「衆院選は自民支援」=安倍首相に明言」と報じ、政界で大きな話題となった。

同記事によると、「首相が10日の首相官邸での会談で『都議選への対応をはっきりさせてほしい』と切り出したところ、小池氏は直接には答えず、『衆院選では自民党候補を応援する』と明言した」というのだ。

翌18日、小池知事は自らのtwitterで「おいおい。この記事は小説か? 言ってもいないことを、都合よく脚色しているだけだ。五輪もあり、国との協力は伝えたが、先方から都議選について切り出されていない」と完全否定した。

同日の時事通信配信記事でも「「自民を支援」報道否定=小池都知事」と報じられたが、小池氏や小池陣営の反応を見ても、こうした発言を小池知事がしたという事実はないだろう。

となると、官邸側か、第三者による意図的な揺さぶりだと考えられる。

小池知事が本当に話したのか、それともでっち上げなのか、言った言わないではなく、そもそも小池知事はどう思っているのか……等々、都民国民が聞きたいことはいろいろあるだろうが、このやり取りで重要なのは、結果的に小池知事が早々に「衆院選での自民支援」を完全否定したという事実だ。

小池知事側から情報が漏れたわけではないとすると、まことしやかに言われているのが、官邸からのリークであろう。

自民党との関係を曖昧にした上で、自民党支持者からも支持を得る。自民党を離党する際には、「自民党側から除名された」というストーリーを描いていただろう。

都議選の前哨戦で、小池知事と都議会自民党のドン内田都議との代理戦争とも言われる千代田区長選では、内田氏が擁立した与謝野信氏(与謝野馨元財務相の甥)の応援に菅官房長官が入ると言われている。

ここまで想定して菅さんが仕掛けたのであれば、流石だと思う。

こうした水面下のやり取りやプレイヤーによっては、都議選の構造も変わってくる可能性がある。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら