〔PHOTO〕gettyimages

迷走するNBA名門チーム〜ニューヨークで勝つことはこんなに難しい
足りないものは一体何か?

カーメロ・アンソニー掲載紙

「バスケットボールのプレー、チームメイトたちに集中するよ。気にしているのはそれだけだ。みんなが心を強く持ち、ポジティブでいて、妨害されず、正しい方向を向くように心がけなければいけない」

今週中、様々な混乱の中で、ニックスのカーメロ・アンソニーはそう述べていた。ほとんどスポーツ選手のものとは思えない言葉から想像できる通り、過去3年連続プレーオフ逸のニックスは今季も厳しい戦いを続けている。

1月19日を終えた時点で19勝25敗。イースタン・カンファレンスの15チーム中11位に沈み、4年ぶりのプレーオフ出場は厳しい状況だ。

デリック・ローズ、ジョアキム・ノア、ブランドン・ジェニングスのようなビッグネームを補強し、開幕前の期待は大きかった。昨年12月22日の時点で16勝13敗だった頃には、イースタンの上位を争うかと思えた。しかし、ディフェンス面の弱点が徐々に露呈し、以降の10戦中9敗と崩壊。負けが続き始めると、チーム内から数々の不協和音が飛び出してくるようになった。

1月9日のニューオーリンズ・ペリカンズ戦ではローズがチームに連絡することなくゲームを休み、“行方不明”と騒がれた(注/家庭の事情で実家のあるシカゴに戻っていたと後に謝罪)。

今週になって、フィル・ジャクソン球団社長と旧知のライターがスポーツサイト上で記した「カーメロ不要論」がアンソニーの逆鱗に触れ、ジャクソンとアンソニーが話し合いの場を設ける事態になった。

勃発するコート外での戦い

シュート練習をするローズ

なかなか勝てない上に、チームの3大ビッグネーム(カーメロ、ローズ、ジャクソン)がそれぞれネガティブな話題の中心になっている。これでは良い雰囲気など生まれるはずがない。最近では、常に悪いことを予期する空気がマディソンスクウェア・ガーデン(MSG)を取り巻くようになってしまった。

「ニューヨークのような場所では、様々な記事を書かれ、多くの人が異なった意見を持っている。そんな状況に対処した経験は、ほとんどの選手たちにはないんだ」

喧騒の中で、2011年以降はニックスの看板としてプレーしてきたアンソニーはこの街でプレーすることの難しさをそんな風に述べていた。

メディアの1人として、筆者もここで改めてニューヨークというマーケットの特殊性を実感したのは事実である。MSGでのホームゲームでは、シーズン中でも常に地方都市チームのプレーオフ時くらいの数のメディアが手ぐすねをひいている。こんな場所で活躍できれば、得られる賞賛と見返りは大きくなる。その一方で、物事が悪い方向にいった場合には歯止めをかけるのが難しくなりがちだ。

「おい、そんな質問に答えるなよ。何を言っても罰金を喰らうだけだからな」

最近のホームゲームの際、試合後のロッカールームである主力選手が他のプレーヤーに大きな声でそうアドバイスしていたことがあった。一部のタブロイドメディアを中心に、論議を呼ぶコメントをあえて引き出そうとしていると感じる質問が飛ぶことは実際にニューヨークでは珍しくない。

例えどこのチームの選手であっても、ローズが起こしたような“行方不明事件”はニュースになってはいたはずだ。しかし、彼が不在だったのは1戦のみ。ニューヨークではなかったら、あそこまでの大騒ぎにはならなかったのではないか。

試合前のカーメロ・アンソニー

カーメロとジャクソンのコート外の“重量級バトル”もまたしかり。火種が見つかれば、メディア、ファンが油を注ぎ、騒ぎは余計に大きくなる。2000年代以降のニックス、あるいはジョージ・スタインブレーナーがオーナーだった頃のニューヨーク・ヤンキースを取材してきて、筆者もこれまでそんな“シナリオ”を何度も目にしてきた。