Photo by iStock
スマートフォン 社会風俗
元旦の朝、私が東京ディズニーシーで目撃した「ある不気味な光景」
数千人がスマートフォンを手に…

そんなに同じ写真が必要?

2017年の初日の出を、東京ディズニーシーで見た。

大晦日からの特別営業で年を越し、朝7時の閉園で出口に向かっているときに、ちょうど日の出の時間になった。

出口に向かうにはふたつのルートがある。海側の通路を通らず、陸側の通路を通ってくださいと、しきりに係員が誘導していた。

見ると、海側には初日の出を見ようと大勢の人が立ち止まって、東のかたを眺めていた。歩くのに困難な人だかりだった。1万人はいないにしても何千人かは立ち止まっていたとおもう。

朝の7時に日が昇ってきた。そのときの光景が異様だった。東を向いた数千人全員が、スマートフォンをかざしたのである。

うーぬ。

全員が、黙って、同時に写真を撮っていた。たぶん、ほぼ、全員だとおもう。

ちょっと怖い。

世界にそんなにも同じ写真が必要なんだろうか。そういう余計なことを考えてしまう。おそらく、必要ない気がする。でも、そんな心配は無用なのだろう。

初日の出をナマの目で見ず、みんな、機械を通して日の出を見ていた、というところも怖かった。

とはいえ、これがおそらくいまの日本のふつうの光景なのだろう。

私には、かなり居心地が悪かった。どうも、インターネットが目に見えて空中を飛び交う社会となって以降、身の置き場所が狭くなったような気がしていて、どうにも困る。

何が不気味だったのかと、考えると、おそらく人数である。

初日の出を写真に撮るのは、まあ、いい。

しかし、なにも全員が全員で撮らなくてもいいんじゃないか。そこが怖いのだ。

かつて、みながカメラを所持する以前の時代は、誰かが代表して写真を撮っていた。全員がカメラを取り出すという恐ろしい風景は存在しなかった。

若者グループだったら、カメラ好きの父を持つ子が一台持ってきていたし、家族だったらお父さんが担当し、カップルならどっちか(彼氏が多いとおもうが、どっちでもいい)、それぞれ代表者一名がカメラを持っていて、その人が代表してシャッターを切っていた。

それがいまではバラバラである。家族がいても全員それぞれ一人づつ、恋人同士でも男も女もそれぞれ、熟年夫婦でも若年夫婦でも、夫と妻がそれぞれカメラを構えている。こんな日本に誰がした。たぶん、みんなで、したんですね。

でも、私には少し異様な光景に見える。一人ひとりが別々のソサエティを持っていて、それぞれのすりあわせがない、というのは、あまり幸せそうには見えない。

 

近くの他人より、遠くの他人

自分の目で見てないというのは、現在の体験を優先していない、ということになる。

いまの体験を優先しないで、写真に撮って未来のために保存する、という行為そのものは、しかし、むかしからあった。おそらく写真機が発明された19世紀からあったはずだ。写真機の使命は、現在を保存して未来に届けることにある。まことに19世紀的な発明である。

だから現在をないがしろにされるのは、べつだん慣れている。

しかしそれを全個人がやる、というのは最近の流行である。