Photo by iStock
ライフ

これまで日本人を最も飢えから救った食べ物!? そのスゴさを見直す

さつまいもの胸焼けとぬくもり

冷や汗を流しながら…

2015年の秋、わたしは二度、さつまいもに救われた。

国際学会のスケジュールには、しばしば「エクスカーション」と呼ばれる視察旅行が組み込まれる。

たとえば、シンガポールで開催されたアジア史関係の学会では、第二次世界大戦期の慰霊塔や日本軍の上陸した海岸までスコールのなか連れて行ってくれたり、台湾で開催された東アジア環境史学会では花蓮から奥地に入って先住民の方々から小動物の狩りの仕組みを学んだりできる。

韓国全州での東アジア農業史学会では巨大なダムを視察したり、網走での同じ学会では網走の農家から直接お話を伺ったり、観光ブックガイドには載っていない場所に行けるだけでなく、現地の方とお話もできるので、いつも楽しみにしている。

しかし、今回の香川での学会はなかなか楽しもうという気持ちになれない。空は晴れていても、気持ちが晴れない。

東アジア環境史学会主催者の香川大学の村山聡さんから、外国から訪れた研究者と同行して、小豆島の案内を手伝うだけでなく、福田地区で昼食を食べるまえに日本の食の歴史に関する話をするように依頼があったからである。

いつも元気な村山さんでさえ膨大な準備作業でその疲労はすでに限界を超えていたから、断る勇気を持てなかった。

たが、実は小豆島の来訪は初めてであり、そもそも案内できる知識がない。オリーブオイルも、醤油も、ゴマ油も好きだけれど、語るほどの蘊蓄(うんちく)がない。

結局、小豆島の食事情に詳しく英語が堪能な中村博子さんに小豆島の説明はお任せしたものの、お話ばかりは中村さんに押しつけるわけにはいかない。仕事に追われていて準備にも時間が割けない。

たまたま発表したばかりの明治期東京のスラムの食生活に関するデータを抱えて、新幹線に飛び乗った。つまり、小豆島と関係のない話を、冷や汗を流しながらすることになったのである。

Photo by iStock

焼き芋が最後の砦だった

都市下層社会を支えていた食べものとして、繁華街や士官学校の炊事場から出てくる残飯だけではなく、タイやビルマから輸入されていた「南京米」という呼称をもつインディカ米とさつまいもなどがあったことも話した。

たとえば、中川清編『明治東京下層生活誌』(1994年)に収められている『時事新報』の、1896年10月から11月にかけて掲載された記事「東京の貧民」には、

「(乞食小僧は)貰いものの少なきときはやむをえず稼ぎ高の中にて大福餅、焼き芋、蒲鉾などを買いこれにて空腹を凌ぎ」

とあるし、同著に収められている呉文聡の「東京府下貧民の状況」(1891年)にも、

「「上等」極下等米、挽き割り、南京米の粥、「中等」粉米(こごめ)、キラズ[おからのこと—引用者註]、蕎麦下粉(したこ)、なお三度食するはまれにて二食もしくは一食を以て一日を凌ぎまたは焼き芋あるいは安野菜を塩煮にして食物とす。「下等」最下等の者に至ては芥溜(ごみ)箱を探り腐敗物を拾い食す(本所荒井町には60日間焼き芋のみ食せし者あり)」

という記述がみられる。「焼き芋」が、餓死に至る道のりの最後の砦のひとつであったことが、この記述から分かるであろう。

それにしても、木賃宿とか、鍋底のおこげとか、南京米とか、簡単に英語に翻訳できない用語ばかりで困った。軽率さにかけては幼少の頃からかなりのレベルを保ってきたわたしも、さすがに今回は自分の軽率さを呪った。