Photo by iStock
医療・健康・食
世界一の長寿国「日本人の体質」驚きの秘密〜欧米人とはこんなに違う
遺伝子はあなたの健康を覚えている

なぜ和食なのか?

レストランで知人が言いました。

「ステーキとかすき焼きって、霜降りより赤身肉のほうが食べやすくないですか? モモ肉とか」

「そうですよね」と同意すると、知人は嬉しそうに、でも少し声をひそめて、「マグロのトロとかも言うほどおいしいと思えなくて。変わってるって思われちゃうかもしれないけど」。

いいえ、ちっともおかしくありません。いや、自分はトロが好きだ、と言う人も、ちょっと考えてみてください。くたびれきって電車にゆられながら、ふと食べたくなるのは何ですか。霜降りステーキや大トロではなく、温かいおにぎりと答える人が多いのではないでしょうか。

具はほぐした鮭か、昆布の佃煮か、ああ、梅干しもいいな。お米がつやつや光り、ほのかにただようのりの香り。思わずほおばると心の底からくつろげるものです。

そう、体の深いところで求めていたかのように。

 

食の欧米化と言われ、この50年でお米の消費量は半分になりました。それに代わって肉類、乳製品の消費が伸びています。しかし、数千年にわたって受け継がれた体は簡単には変わりません。

日本人の胃腸はご飯を消化するようにできていますし、ちょっと余分に脂肪を取ると危険な内臓脂肪がついてしまいます。欧米人とくらべて体温が低く、胃酸やインスリンの分泌量が少なく、アルコールに弱く、腸内環境が良好なのも日本人の特徴です。

スーパーの魚介コーナーをのぞいてみましょう。軽快な曲が流れています。魚を食べて健康に! という歌のとおり、日本人は魚から大きな恩恵を受けてきました。とくに背中の青い魚に豊富なEPAとDHAには動脈硬化を防ぐ作用があります。日本人の血液はEPAとDHAの濃度が高いため、コレステロール値が上がっても動脈硬化がなかなか進みません。

隣は豆腐コーナー。湯豆腐の季節ですね。日本人は豆腐、みそ、納豆などの大豆製品を米国人の700倍食べており、この大豆製品に含まれるイソフラボンは心筋梗塞や乳がんの発症をおさえます。

その先の牛乳コーナーはちょっとご用心。日本人のカルシウム摂取量は米国人の半分で、不足しがちと言われています。ところが、牛乳をしっかり飲んでいるはずの米国人は骨粗鬆症の発症率が日本人の二倍高いのです。おそらくこれも体の違いによるもので、それに加えて日本人が、おもに野菜や海藻、小魚からカルシウムを取ってきたのが良かったようです。

日本は海で他国と隔てられ、そこで暮らす日本人は長い歳月のうちに独自の体質を身につけました。そのため、日頃の健康法も病気の予防法も欧米人とは異なります。これが本書『欧米人とはこんなに違った 日本人の「体質」』(講談社ブルーバックス)のテーマです。