〔PHOTO〕3万年前の航海 徹底再現プロジェクト

私たちの祖先はどこから来たのか? 「3万年前の大航海」への挑戦
「最初の日本人」は航海者だった

最初の日本人は航海者だった

縄文時代より前の旧石器時代の遺跡は、日本でどれだけ見つかっているでしょうか?

正解はなんと1万以上。これらの遺跡は、たいへん興味深い時空分布を示します。

 

3万8000年前より古い遺跡は、日本列島に存在するかどうか不明です。ところがこの後、遺跡が急増するのです。様々な理由から、これは日本列島へホモ・サピエンス、つまり私たち現生人類がやって来たことのシグナルとみなせます。

広い意味で私たちの祖先と考えられる、この太古のホモ・サピエンス集団のことを、「祖先たち」と呼ぶことにしましょう。

その頃の地球は氷期の最中にあり、気温が低く、海水面は今より80mほど下がっていました。そのため地形も劇的に異なっており、例えば北海道はサハリンを通じて大陸につながる半島で、台湾もアジア大陸の一部となっていました。

それでも対馬海峡や津軽海峡は開いており、琉球の島々も孤立していましたので、祖先たちが日本列島へやって来るためには、海を越える必要がありました。

想定されるホモ・サピエンスの拡散ルート。日本列島へ入る3つのルートのうち、 沖縄ルートに注目する(背景地図: based on GeoMapApp)

祖先たちの真の姿が見えてくるかもしれない

それは簡単なことではなかったはずです。特に琉球の島々への渡海は、当時の人類が成し遂げた最も難しい航海だったに違いありません。最長220kmに及ぶ島間距離に加え、世界最大の海流である黒潮が、当時も今のように行く手を阻んでいた可能性が高いからです。

彼らが島へたどりついたのは、偶然の漂流のせいではなかったでしょう。多数の男女が集団で渡らなければ、新たな土地で人口を維持できません。さらに本州では、3万8000年前に、伊豆の島から黒曜石を運び込んでいた証拠があります。これは世界最古の往復航海の証拠であると同時に、この時期から意図的な航海術が存在したことの動かぬ証しです。

「海流に乗れば島につけるのでは?」という考えがありますが、それは世界地図と海流図を持っている現代人の発想です。どこへ行くともわからぬ海流に家族を乗せるほど、彼らが向こう見ずだったとは思えません。

そのように3万年前の状況を理解できたら、祖先たちの真の姿が見えてくるのではないか? そんな気持ちに駆られて、私は「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」を始めました。

プロジェクト・チームには、遺跡を調査する考古学者や人類学者、過去の海流を復元する古海洋学者、人口維持に必要な移住者数をシミュレーションする数理生物学の専門家などがいて、多角的に研究を進めています。さらに海洋探検家が加わって、本物の海を相手に航海を体験するのです。

こうして、科学と冒険を融合させたプロジェクトがスタートしました。