Photo by gettyimages
エンタメ

髙島屋屋上のゾウは自分で階段を下りて動物園へ行った

子供たちに大人気だったのだが…

いまは影も形もないが…

ミニカートに観覧車、テントの中にはゲームセンター―。

いまでこそほとんど姿を消してしまったが、かつて、デパートには「屋上遊園地」があるのが当たり前だった。

1933年に開業し、百貨店建築として初の重要文化財に指定されている東京・日本橋髙島屋には、なんと屋上遊園地にゾウがいた時期があった。

'50年、タイに出張していた髙島屋の社員が生後間もないゾウを紹介され、屋上遊園地の目玉として、連れて帰ることに。

店名にかけて「高子」と名付けられたゾウは、船で山口県・下関に到着。貨物列車で汐留駅へ運ばれたのち、髙島屋までパレードして運ばれる熱烈な歓迎を受け、クレーンでカゴごと屋上に引っ張り上げられた。

旗を振ったりラッパを吹いたりいくつもの芸を覚え、子供を背中に乗せてのしのしと歩く高子は、あっという間に人気者に。高子にひと目会いたいと地方からはるばるやってくる子連れ客も急増。売り上げに大きく貢献した。

だが、毎日30kgを超える餌を食べて大きく成長した高子の体重は、髙島屋に来て4年後の'54年には、約1.5tにまで膨れ上がった。

 

これ以上、屋上に高子を置いておくと建物が危ないと判断した髙島屋は、寄贈先を模索。上野動物園が次の住処に決まる。

高子のあまりの重さに、クレーンで降ろすわけにはいかず、1階まで自分で大階段を一歩ずつ下らせることになった。

昭和の名建築家・村野藤吾の手になる髙島屋の中央階段は、幅が広く重厚な造り。高子はここを一歩ずつ踏みしめながら下っていった。最初は屋上を離れることを嫌がり暴れた高子が、店頭のショーケースを壊してしまったという逸話も残されている。

上野動物園を経て、多摩動物公園に移された高子は徐々に体の衰えが進み、'90年に飼育場の堀に落ちてその生涯を終えた。41歳だった。

高子が過ごした髙島屋の屋上遊園地は、少子化とともに取り壊され、いまはカフェなどが並ぶ空中庭園になっている。(岡)

鈴木伸子著/リトルモア

週刊現代』2017年1月14・21日号より