〔写真提供〕しょうぶ学園
社会保障・雇用・労働 メディア・マスコミ 不正・事件・犯罪
自分は健常者だと思っている私たち全員が抱える「ある重い障害」
相模原障害者殺人事件から考える

2016年7月、相模原の障害者施設が襲われ、入所者19人が殺害された。

容疑者は犯行予告の手紙の冒頭に殺害理由として「世界経済の活性化」を挙げた。続けて「重複障害者の方が家庭内での生活、及び社会的活動が極めて困難な場合、保護者の同意を得て安楽死できる世界」を望むとしたうえで、「障害者は不幸を作ることしかできない」と結んだ。

容疑者のしたことは断固として拒絶する。だが、彼の考えを突き詰めていったとき、私たちが日々の暮らしで馴染んでいる経済性や効率といった価値観を極端な形であれ、体現しているにすぎないのではないか。そう思えてくる。

踏み込んで言えば、彼はある意味で、現状の世のあり方によく適応し、「健常に」育ったのかもしれない。培った健常さが障害者の抹殺に行き着いたとすれば、その凶暴性は人間の本能に根をもっているはずだ。

本能のままの振る舞いと凶暴性に境界はあるのか。人間にとってのノーマルさ、障害とは何か。

こういったことを専門家はどう考えているのか。そこで武術界で注目されている光岡英稔氏と福祉業界で独自の活動を展開している福森伸氏に対談をお願いした。

光岡氏については過日、「現代ビジネス」に掲載されたインタビュー「教育すると、人間は『弱く』なる!」を読んでいただきたい(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/45934)。

しょうぶ学園について説明すると、鹿児島にある知的障害者支援施設であり、ドキュメンタリー映画「幸福は日々の中に。」が全国で公開されるなど、メディアの注目は近年高まっている。

その発想のユニークさは、たとえば俳優の広末涼子が出演したCM曲にも使われた、園の利用者の障害者と職員からなるパーカッショングループ「otto&orabu」の演奏にも現れている。メンバーのうち施設利用者は音階がわからず、専門的な訓練も受けていない。

otto&orabu〔写真提供〕しょうぶ学園

だが、いついかなる時もブレることなく、目前の楽器に向かい、行為することに没頭する。そんな彼らだからこそ坂田明をはじめ名だたるミュージャントとセッションしようとも物怖じせず、いつも通り大胆に演奏する。

その姿を見るとき、多数派の健常者は向上、発展することを疑いもしない自らをいぶかしく感じるだろう。

しょうぶ学園の試みは、私たちが現実と信じている以外の現実のあり方を示唆している。ふたりの対談は、現実と幻想の境界線を走るように進んだ。

(企画・構成/尹雄大)

普通って何だろう?

光岡 鹿児島に足を運び、しょうぶ学園を見学したとき、改めて「普通って何だろう」と考えさせられました。

私は武術をやっていますから、その観点から話します。

光岡英稔(みつおか ひでとし)1972年岡山県生まれ。日本韓氏意拳学会代表。

武術を稽古して行くと「自由自在に動くこと」と「自然に動くこと」の絶対矛盾に行き着きます。相手は自分を殺そうとする。だから相手を阻止します。そのためこちらも自在に動きたい、相手を自由に操りたい。ようは私の思い通りにしたいわけです。

自由に振る舞うことは、必ずしも自然な行いではなく、「相手をコントロールしたい」といった作為の要素が入ります。そうでありながら武術の境地においては「何もしない」という無為自然であることをよしとします。

つまり作為的な稽古の果てに無為に向かいます。

ところがです。

しょうぶ学園の利用者の皆さんは何の練習もせずに、ただ「普通」に作為なく振る舞っていました。「これはかなわないなぁ」と感じました。果たして無為を求めて練習することに意味はあるのかと深く考えさせられました。

福森 武術は相手から身を守り、守り切れなければ攻撃に転じる。自分のエリアが侵されない限りは攻撃しない。そういう考えがベースにありますよね。

福森伸(ふくもり・しん)1959年鹿児島県生まれ。しょうぶ学園施設長。

それで言えば、私には彼らがとても無防備だと感じるんです。そういう相手にはどう対応しますか?

光岡 ちょっと唐突かもしれませんが、ある種の「部族」として接する必要があると思います。たとえば、アマゾンに住むピダハンやイゾラドと呼ばれる少数部族は、自分たちで食べ物をとって日々暮らしています。その暮らしが侵されなければ問題ない。

福森 防備する必要もありません。

光岡 けれどもテリトリーを侵されたら争いが起きます。フィリピンのカリンガ族、イフガオ族だと首を刈るところまで徹底してやったりします。

ただ、わざわざテリトリーを越えてむやみに襲いはしない。境界線ギリギリでの争いや、狩りの最中にたまたま遭遇した他の部族との争いなどはあるようです。

しょうぶ学園の利用者の互いの距離のとり方を見ると、そうした部族の振る舞いを思い起こしました。

 

福森 利用者を部族に喩えるならば、僕らは平気で彼らのテリトリーに介入します。知的に障害があるからなのか、それに対してほとんどの場合、抵抗しません。

彼らの動きはプリミティブで非常に人間らしい。特に障害の重い人は最低限の動き以上の「発達」はしない。そういう無防備な人たちに対し、教育や支援という語を使って福祉は介入し、彼らの世界を変えようとします。「時間を守れるようになった」とか「ご飯を残さず食べられるようになった」といったことを評価するのです。

でも、それは彼らのしきたりを変えているんじゃないか。ノーマルという言葉を使って、彼らを僕らの国の法律に従わせているだけのことではないか。それを「ノーマライゼーション」「共生社会」と言うけれど、彼ら部族のしきたりはどこへ行ったんだろうと思うのです。

光岡 無防備ではあっても争いが起きる例もありますか?

福森 はい。誰しも圧力がかかれば防衛の反応が起き、それでも防げなかったら攻撃します。それで言えば、自閉症スペクトラムの人は圧力の感じ方が独特です。

たとえばデパートの試食コーナーで、蓋の開いている惣菜があると全部閉めて回ります。「蓋を開けっ放してはいけない」と習っているからそうしてしまう。

でも、そういうことをしたら怒られますよね。どうすればいいかわからなくなることが恐怖なのです。戸惑っているとさらに圧力がかかるから攻撃的になる。それは粗暴行為と言われます。圧力の感じ方が特殊ゆえに僕らに理解しにくい。でも、なぜそうするのかがわかれば対処できます。

施設内で急に大声出したりする人もいます。以前はそれを止めていたけれど、最近は「ここはちょっとまずいのでこちらでお願いします」くらいになってきました。