賢者の知恵
2010年05月07日(金)

灘高 元生徒会長 城口洋平の頭脳

本人は認めないが、世界一入社が難しい
IT会社の内定を断った伝説を持つ22歳

週刊現代
upperline
 日本最高の中学、高校、大学を卒業し、さらに世界最高の企業の内定を手に入れたといわれる若者。しかし彼はそこで、既存の組織に属することを止め、自分の手で企業を作ることにした。その真意は。

小6で"覚醒"

 灘(なだ)中学に行きたいとは、自分から両親に言いました。小学6年生の夏のことです。動機は、テニスであの錦織圭(にしこりけい)クン(現プロテニスプレイヤー)に負けたこと。僕は当時テニスにすべてを賭けていたのですが、小6で臨んだ全国大会で2歳年下の錦織クンに惨敗した。

弱冠22歳の株式会社ミログ代表取締役兼CEO・城口洋平氏

 1年前は彼と対戦して勝ったりしたのですが、その年は1ポイントもとれないくらい、まったく歯が立たなかった。天才ってほんとにいるんだ、と思い知らされました。

 それで次は勉強でトップを目指すしかない、と決意したのです。

 灘中に合格すると、そのまま灘高、東大法学部と進みました。自分で言うのもなんですが、いうなれば"エリートの保守本流"を進んだ。ところが東大在学中に大きな挫折を味わって、アメリカに逃げたんです。でもそこで生まれ変わった。

 こう語るのは株式会社ミログ代表取締役の城口洋平(きぐちようへい)氏。弱冠22歳のイケメンIT社長だ。世界でも就職人気ナンバーワンの米グーグルの内定を蹴ったという噂については、「ノーコメント」とのことだったが、そんな伝説が流されるくらい、いまIT業界では注目されている存在だ。

 学生8人でミログを設立したのが'09年4月。昨年7月には増資を受けて資本金1億円となり、セキュリティソフトなどを収益の柱として単月黒字を達成した。社員45名、平均年齢28歳。今後が大注目のベンチャー企業を率いる若き総帥が、「これまで」と「これから」を赤裸々に語った。

 灘中を目指したのは、灘中には勉学の天才がたくさんいるはずで、彼らと同じ時間を過ごすことが大切だと思ったからです。

 父にもそう言って口説きました。父は、自分と同じ公立の中高から慶応大学というコースを進んでほしいと思っていたようですが、「そうか、頑張れ」の一言で認めてくれました。

 そこで神戸の学習塾が主催する灘中受験生のためのオープン模試を、友達と一緒に受けに行ったんです。

 模試は練習と本番の2回あったのですが、練習の成績は僕が400人中399位で、友達が400位。成績は皆の前で発表され、手を挙げなければならない。もう悔しくて悔しくて、その場で号泣しました。

次ページ  友達は本番を受けずに帰ってし…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ