〔PHOTO〕gettyimages
不正・事件・犯罪 中国

北京2200万市民が習近平政権に激怒した、あまりに悲惨な事件

これは、天安門以来の悲劇だ

警察が殴る蹴るの激しい暴行

年末の北京で、2200万市民の怒りが炸裂している。その理由は2つある。

一つは、「雷洋事件」に関することである。

雷洋(レイ・ヤン)氏は、湖南省出身の28歳。北京4大名門大学の一角、中国人民大学の環境学部で学士と修士を取得後、中国循環経済協会に勤めていた。結婚して娘が生まれたばかりだった。

2016年5月7日土曜日の夜9時頃、雷洋氏は、北京市昌平区の自宅を出て、竜錦三街の路上を歩いていた。この日の晩は、湖南省から親族が、夜11時頃に北京に到着する予定だったため、北京首都国際空港まで迎えに行ったのだ。

そんな雷洋氏は突如、竜錦三街の路上で警官に呼び止められた。

「お前はたったいま、そこのフットマッサージ店で、違法の買春行為をやっただろう。5000元(約8万3000円)の罰金を払え!」

「はっ? 何の事ですか?」

まったく身に覚えのない雷洋氏は、「自分は親族を迎えに行くため、先ほど家を出て空港へ向かうところです」と説明した。だが、地元の東小口派出所の邢邢永瑞副所長、孔磊、周晶、孫東飛、張英勲の計5人の警官は、雷洋氏を取り囲んで、「直ちにカネを払え!」の一点張り。しまいに雷洋氏に手錠をかけ、パトカーに乗せて路地裏へ連れて行き、5人で殴る蹴るの激しい暴行を加えたのだった。

雷洋氏がぐったり動かくなり、横たわっても、30分も放っておいた。その後、救急車を呼んで中西医結合病院に運んだ時には、雷洋氏は息絶えていた。

深夜の1時になって、警察は雷洋夫人に連絡し、東小口派出所まで来るよう告げた。夫人が1時半頃、派出所へ行くと、警察は、「買春をした雷洋を呼び止めて訊問していたら、突然発作を起こして倒れて死んだ」と説明した。夫人が必死に遺体の返還を要求すると、明け方の4時半になって、ようやく遺体に面会させた。遺体には全身に殴打を受けた痕跡が残っていた。

だが、中国中央テレビ、北京テレビ、その他中国メディアはすべて、中国共産党中央宣伝部からの圧力を受けて、警察側の主張だけを一方的に報じた。そのため雷洋氏は、買春したあげく、恥ずかしくて自殺したかのような印象を与えた。

 

北京の心ある弁護士たちが、弁護団を結成しようと起ち上がったが、すぐに当局に解散させられた。また、真実を知る少数の人々が、断片的に事実を、次々にネット上にアップしたが、すぐにネット警察によって「秒删」(ミャオシャン=1秒で削除されるという流行語)された。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら