Photo by iStock
ライフ
初対面の人と一瞬で打ち解ける方法 〜ぎこちない笑顔はいらない
斎藤孝の超実践的マニュアル

かんたんなコツ

どうすれば相手と一瞬で打ち解ける会話が出来るようになるのでしょうか?

その際に一つのヒントになるのは、「自分をオープンにする」という練習です。

人と打ち解けるためには、心と身体が柔らかく、相手に対して開いた状態になっている必要があるのです。心と身体が硬い状態の話し手を目の前にした時、聞く側は「なんだかぎこちない人だな」と感じ、相手もオープンになりにくくなってしまいます。

笑顔一つとってみても、硬くてクローズドな人は「この人は無理して作ったような笑顔をしているな」と受け取られてしまいますし、一方、柔らかくオープンな人は、「心からの笑顔だな」という印象を相手に与えます。どちらが相手と打ち解けられるタイプかは一目瞭然でしょう。

私は大学で、この「オープン」をキーワードにした実践的な授業をしています。

相手に対してオープンな状態になるためには、「あまり怖がらない」ことが大切です。「相手にどう思われるか」ということばかり考えて不安にならないように、まずは勇気を出す練習をしています。

方法としては、最初にリラックスした状態を作るために、息を吐きながら軽くジャンプし全身をほぐしていきます。

次に、肩胛骨を大きく回しながら、胸を開きます。

「胸を開く」感覚は、オープンな構えの基本です。そして、両手を組んで上に伸びをします。

デスクワークで縮こまりがちな上体をリラックスさせます。十分に体がほぐれたら、腹式呼吸で大きく息を吸うタイミングに合わせて、おへそのちょっと下、下腹部をグッと膨らませます。

そしてそこに勇気を持っているイメージを作るのです。この時、下腹部を膨らませることによって肩の力は自然に抜けた状態になります。

これでセッティングは完了です。この状態こそ、心と身体が開いた「オープンマインド・オープンバディ」の態勢です。