〔PHOTO〕gettyimages
金融・投資・マーケット 学校・教育
知らないと大損!あなたの人材価値を高める「時間と努力」の投資理論
偏差値「10」の差を逆転する

偏差値「10」の差は逆転可能!

私事で恐縮だが、星海社新書から『偏差値「10」の差を逆転する 時間と努力の投資理論』という本を出版した。

個人差を平均化した上での比較だが、偏差値が「10」異なる大学生の「人材価値」(注:あくまでも「経済的な」人材の価値です)には大差がある。そこで大学生活の過ごし方を題材にして、これを将来逆転するために有効な方法は何かを追求してみたのが拙著の主旨だ。

結論を言うと、他人と異なる「時間」の使い方と「努力」の振り向け方を実行することによって、「人材価値」を高い利回りで成長させることが可能だ。

拙著は、大学生活の過ごし方が主なテーマだが、現実の「逆転」は、仕事をするようになってから、ビジネスの場で起こることが多い。本稿では、ビジネスパーソンのために、「人材価値」を高める時間の投資方法の例を書いてみよう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら