Photo by iStock
企業・経営
45年のロングセラー「ヤシノミ洗剤」絶大な人気の秘訣
サラヤ・更家悠介社長に聞く
サラヤ・更家悠介社長

「ヤシノミ洗剤」で知られるサラヤを取材した。高度成長期、洗剤は石油系の商品が主流だった。少量で多くの汚れを落とすが、肌につくと手荒れの原因になることがあり、また排水は分解されにくく河川や海を汚染し社会問題となる場合もあった。そんな中、同社は天然のヤシ油を原料に、無香料、無着色の洗剤を開発。手荒れや環境問題を気にするユーザーから絶大な支持を受けている。更家悠介社長(65歳)に聞いた。

創造には「ゆらぎ」が大切

【父の仕事】

学校や会社の洗面所に、石鹸液を押し出す機器がありますよね? あれを開発したのは私の父です。昭和20年代、教育関係者が手洗いを奨励し始めた時に作り、全国に広まりました。当初、あの機器は手作りで、石鹸が出る穴も父が手回しのドリルであけていたんですよ。父は「一台取り付けるだけで手に血豆ができた」と振り返っていました。

【45年】

ヤシノミ洗剤は元々、学校給食の現場に納入していた業務用洗剤です。しかし現場の方から「手荒れしにくいので小分けにして譲ってほしい」との声をいただき、家庭用を出しました。

当初は効果を実感していた方にしか売れず、在庫を抱え、父はどうしたものかと悩んだそうです。しかし、小売店へ商品の丁寧な説明をするうち、徐々にロイヤルカスタマーが増えてきたんです。以来45年、これだけロングセラーの洗剤はなかなかありません。やはり「正しいこと」こそが、長く続く商売になるのでしょう。

 

【発明の源】

子どもの頃、私は工場の隣に住んでいました。生意気で、工員さんに力比べを挑んで負かされたりしていました。父は発明が好きで、いつも世の中にないものを創造しようとしていました。私も長じて、発明がどこから生まれるかが感覚的に理解できるようになりました。まず、良質なコミュニケーション。

たとえば「この酵母がこんな界面活性剤を作り……」といった技術情報と、市場の「こんなものがほしい」といった声、その両方が聞こえた時、初めて画期的な新商品が生まれます。あとは、現場の「ゆらぎ」も大切です。

たまに、いつもと別のやり方を試したら想像以上の結果が出ることってありますよね? 常に、日常を少し変え「ゆらぎ」を創り出すことが重要です。逆に目標管理が厳しいと現場に余裕がなくなり「ゆらぎ」が起きにくくなってしまいます。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら