Photo by GettyImages
ボクシング

2016年、最高のボクサーは誰か? ロマチェンコ、フランプトン…

今年のリングを振り返る

わずか8戦で覚醒したスーパーボクサー

2016年も大詰めに近づき、アメリカ国内では今年度の主要ファイトはすでにほぼすべて終わった。

今年はビッグファイトの少なさでファンを落胆させたが、そんな中にも輝きを放ったボクサーは少なからず存在する。そこで今回は今年のリングを振り返りつつ、年間最高選手を独自に選出してみたい。

ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ/WBO世界スーパーフェザー級王者)
2016年 2戦2勝(2KO)
ローマン・マルチネス(プエルトリコ) 5RKO
ニコラス・ウォータース(ジャマイカ) 7RTKO

2016年のMVPに選ぶべきかはともかく、今年1年の米リングで最も株、評価を上げたのがロマチェンコであることは間違いあるまい。

トップランク社は、今年に大きく知名度を上げたロマチェンコ(中央)を来年中にパッキャオと対戦させるプランを描いている Photo By Vassili Ossipov

6月11日、ニューヨークでマルチネスを完全KOし、世界最速で2階級制覇を達成。タフなベテラン王者を吹き飛ばした左アッパー、右フックのコンビネーションは戦慄的で、年間最高KOの候補にもなるだろう。

続いて、11月26日にはラスベガスで強豪ウォータースをストップ。この日まで27戦全勝だったジャマイカ人を諦めさせた技巧は出色で、“ロマチェンコこそがすでに現役最高のボクサーではないか”という声も出始めている。

アメリカ国内で人気選手になったとはまだ言えないが、今年中に2大マーケット(ニューヨーク、ラスベガス)で優れたパフォーマンスを見せたことの意味は大きい。

プロキャリアわずか8戦で覚醒したスーパーボクサー。2017年中にさらに大きな舞台に立つ可能性は十分にある。

高まる存在感

カール・フランプトン(イギリス/WBA世界フェザー級王者)
2016年 2戦2勝
スコット・クイッグ(イギリス) 判定
レオ・サンタクルス(アメリカ) 判定

レジュメだけを見れば、“ジャッカル”と呼ばれる2階級制覇王者が今年度のNo.1だろう。

2月にはクイッグとの英国対決を制してWBA、IBF世界スーパーバンタム級王座を統一。7月には評価の高かったサンタクルスにも勝って、北アイルランド人としては初の2階級制覇を達成した。

サンタクルス戦は年間最高試合候補になるほどの好試合になり、そこで堂々と打ち勝ったことでも印象深い。

フランプトンはアメリカではほぼ無名だったが、7月にサンタクルスを下したファイトは高く評価された Photo By Amanda Westcott/SHOWTIME

KO勝利がないのが数少ないマイナス材料だが、それでもアメリカ国内でもついにその力が認められ、多くの媒体が今年度MVPに選出するだろう。

来年1月、サンタクルスとのリマッチはラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナ開催が決まった。これだけの大舞台が予想されたことが、フランプトンの存在感の高まりを物語っている。

ロマゴンはピークを過ぎた?

ローマン・ゴンサレス(ニカラグア/WBC世界スーパーフライ級王者)
2016年 2戦2勝
マクウィリアムス・アローヨ(プエルトリコ) 判定 
カルロス・クアドラス(メキシコ) 判定

アメリカでもパウンド・フォー・パウンド最強と認められるようになった小さな英雄は、今年も充実の1年を過ごした。

通称”ロマゴン”の9月の一戦はメガケーブル局HBOがメインイベントで生中継した Photo by Chris Farina/K2 Promotions

4月にコンテンダーのアローヨを明白に下し、9月にはクアドラスとのハイレベルの攻防戦に勝利。ニカラグア人史上初の4階級制覇を達成し、偉大なキャリアに新たな勲章が加わった。

ただ、今年の2戦はどちらもKOできず、昨年まで続けていた10連続KOはストップ。スーパーフライ級に上げたクアドラス戦では圧倒的な強さは感じられず、増量による限界、ピークを過ぎたことを指摘する声も出てきている。

長年の功労者的な意味での評価を加えても、今年のMVPには少し物足りないというのが正直なところか。