1931年、満州を行軍する日本兵。その頃、日本では…?〔PHOTO〕gettyimages
近代史 キリスト教

日本初の高層ビル火災は、クリスマスの装飾で起きた

国連脱退前夜の光景

私たちの戦前イメージは「暗い」。しかし、当時の新聞からクリスマスの記事を拾っていくと、まったく別の光景が浮かび上がってくる。満州事変や国際連盟の脱退くらいでは、クリスマス熱狂はおさまらなかったのだ。

クリスマスと日本人の不思議な関係を解き明かす好評連載第17回(前回はこちらhttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/50195 第1回はこちらhttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/47056

Xマスの飾りから発火」

1932年(昭和7年)になり、朝日新聞社でも「朝日 こどもの会 クリスマス」を朝日新聞社講堂で始める。音楽演奏に歌劇、斉唱独唱、に児童劇があってパラマウント発声映画「ジャッキー・クーパー主演『スーキー』」が上映される。入場料は20銭。

発声映画、というのがまだ無声映画が存在していた時代らしい表現である。

これとは別に映画『キング・オブ・ジャズ』の広告もあり、目立っている。ラインダンスで足をあげる女性イラストが描かれて、しっかり煽情的である。

昭和初年の日本はしっかりジャズの国であった。

あたらしいカフェー「銀座会館」の大きな広告もある。「日本最初のオールネオンライト メカニズムとグラスイズムの機械的幻想大サロン完成 銀座会館・大カフェーの大英断 均一チップ制」とのことである。

* * *

1932年の12月16日、日本橋の百貨店白木屋で火事が起こる。号外が出されるほどの大事件であった。

「日本橋白木屋の大火 四階から発火 死傷者多数に上る 猛火に包まるる白木屋 焦熱地獄の惨! 消防の効果なし 高層は救助絶望 陸軍機七台出動する 原因は漏電か Xマスの飾りから発火 玩具係りの女店員語る」

これが第一報での見出しである。

死傷者が80人を越えた(死者は14人、ほとんどが墜落死)。

おもちゃ部女性店員(20歳と19歳)の証言

「九時二十分と思われるころ、玩具部に造ってあったとても大きいクリスマスデコレーションに漏電で発火して、つるしてあったセルロイドとそこに置いてあったセルロイドの玩具に燃え移ったために、非常に火勢が強く、見るまに店内に燃え広がったものと思われます」

クリスマスツリーに飾られたデコ電球から漏電して、ぱちぱち発火、それがセルロイドのデコレーションに燃え移り、セルロイドのおもちゃも燃え、セルロイドからセルロイドとあっという間に燃え移って鎮火できなかった、ということである。

これ以降、百貨店などのデコレーションからセルロイド製のものが排除されることになる。

ズロース着用のきっかけに?

日本初の高層建造物火災の原因は、1932年当時の熱狂的クリスマスの過剰なデコレーションにあった。これまた記憶されていいポイントだとおもう。

この白木屋の火事は大きなニュースとなり、のちのちまで語られることになる。

 

1932年当時37歳だった私の祖母と、7歳だった母が、この火事のことをよく語っていた。(つまり私の生まれた1958年以降にたびたび話していた、ということである)

女店員が高層階から綱にぶら下がって降りようとしたが、ほとんどの店員が和装で、西洋ふうの下着(当時はズロースと呼ばれていた)を着用しておらず、降りる際に着物の裾が乱れることを気にするあまりに綱を手放して転落死した、ということを、祖母も母も繰り返し語っていた。

これは火事の1週間後に白木屋の山田専務が朝日新聞の取材に対して「裾の乱れを気にして むざむざ死んだ店員」と語り、ズロースの着用を勧めている記事でも確認できる。どうやら、この記事が発端となって、離れた京都に住む母娘まで強く関心を持つニュースとなったようである。

ただ、のちの検証により、女店員の転落死の原因は、この裾の乱れが原因ではなかったとされている。白木屋大火ののちに、女性のズロース着用者が増えた、というのもどうやら事実に即してはいないらしい。