Photo by GettyImages
国際・外交 世界経済 ロシア

【日ロ首脳会談】成功か否かは「中国の反応」で判断すべし

焦りを見せたなら、日本の勝利だ

日本だけの視点で見るか、世界の視点で見るか

安倍晋三首相とプーチン大統領による日ロ首脳会談は成功するのか、それとも失敗に終わるのか。それは評価の判断軸を日本に求めるか、東アジアに求めるかで異なるに違いない。私は会談がもたらす東アジア情勢へのインパクトを重視する。

安倍首相とプーチン大統領の会談は12月15日から山口県長門市で始まった。きょう16日は舞台を東京に移して続く。このコラムは会談の全貌が明らかになっていない時点で書いている点を最初にお断りしておきたい。

首脳会談に対する日本側の関心は「北方領土が返ってくるか否か」に集中してきた。歯舞、色丹の2島返還が実現するとの期待が高まっていた事情もあって「2島返還は当然。国後、択捉にも道筋が付かなければ失敗」という厳しい見方もある。

4島の帰属問題と対ロ経済協力がメインテーマなのだから、日本側で北方領土の行方に関心が集中するのは当然だ。そもそも4島は先の戦争終結後のどさくさに紛れて旧ソ連が奪ったのだから、返してもらうのは当然でもある。

そんな日本の言い分を踏まえて会談を評価する立場を、ここで「日本中心主義」と呼ぼう。

〔PHOTO〕gettyimages

それに対して首脳会談が東アジア情勢にもたらす影響を眺めたうえで、日本にプラスか否かを判断する立場もある。日本とロシアの友好関係が深まると、周辺国にさざ波を起こす。

具体的に言えば、日本とロシアが仲良くなると、中国が焦る。中国がもっとも頼りにしてきた国がロシアだからだ。中国とロシアは地中海や日本海で合同軍事演習をしたり、たびたび首脳会談を開いて蜜月ぶりをアピールしてきた。

そんなロシアが日本と北方領土問題の解決で一致したり、日本が本格的な対ロ経済協力に乗り出せば、中国とすれば気がかりでならない。中国を1番の潜在的脅威と認識している日本にとって、中国を牽制する形になる日ロ友好はプラスである。

東アジア情勢の変化を軸に首脳会談を評価する立場を「国際関係主義」と呼ぶことにする。私がどちらかの立場に立つかといえば、後者の国際関係主義である。

 

日本中心主義と国際関係主義は単純にすっぱり切り分けられない。とはいえ問題を分かりやすくするために、あえて整理すれば、国際関係主義の立場からは極端な話、今回の会談で北方領土が返ってこなくても、日ロの友好関係が前進さえすれば「成功」である。

北方領土が返ってくればもちろんだが、近い将来の返還に向けて道筋が付いただけでも友好関係は深まるから成功と言える。

ところが日本中心主義からみると、あくまで焦点は北方領土が返ってくるかどうかだ。したがって返ってこなければ失敗、近い将来の返還でも失望感を隠せないだろう。国後、択捉についてゼロ回答だったら、4島の帰属問題に決着がつかないので失敗となる。

なぜ、ここで評価の判断軸という話を持ち出したかと言えば、今回の日ロ首脳会談に限らず、物事を日本中心主義で考える人たちが多いからだ。それは右翼にも左翼にも共通している。

右翼と左翼ではまったく正反対と思われるかもしれないが、私から見ると、両者とも日本を出発点にして物事を考え、その後で付け足しのように世界や東アジア情勢を考える点で実は同じである。

たとえば左翼はどうか。彼らの理想を一言で言えば「憲法9条を守って平和な日本を守ろう」に尽きる。左翼にも日本共産党から民進党左派、かつての新左翼などさまざまあるが、護憲の立場はだいたい同じだ。

右翼はどうかといえば、こちらもさまざまなバリエーションがあるが、あえて言えば「清く正しく美しく、天皇陛下を中心とする日本を守っていこう」という主張に整理してもいいだろう。私は右翼に詳しくないが、そういう台詞はよく耳にする。

つまり、どちらも自分たちが理想とする日本の姿をまず頭に描いて、そんな「日本を守っていく」という姿勢で共通しているのだ。世界情勢より先に「理想の日本」をイメージしているのである。私は考え方が違う。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら