Photo by iStock
ライフ 読書人の雑誌「本」

齋藤孝教授が教える「すごい会話力」の身につけ方

「会話検定」があったら、あなたは何級?

アドラーの課題を乗り越えるために

不思議なことだが、人類の大古典である論語も、ブッダの言葉も、ソクラテスが登場するプラトンの対話篇も、聖書の言葉も、すべて会話の記録だ。文字で書いた文章よりも周囲の人とのライブな会話が人類の大古典になっているのは、会話力の根源的なパワーを示しているように思う。

こうした偉人たちの会話力はまさに、「すごい『会話力』」と言える。歎異抄も会話の中での言葉だからこそ生き生きとしている。具体的な状況の中で特定の相手と行った会話にこそ、普遍的な真理が宿る。これは会話力の奥深さを示している。

今の時代、人間関係を作るのも仕事をするのも全て会話力が基本になっている。心理学者のアドラーは、人生の課題を次の3つとした。交友の課題、仕事の課題、愛の課題だ。

友人関係を良好に築き、仕事を通して社会とかかわり貢献し、愛し合う相手を見つけ愛のある生活を営む。この3つの課題をこなすことができれば、人は充実した人生を送ることができるとする。

 

この3つの課題を乗り越えていくのに大切なのは会話力だ。会話力があれば友達と上手くやることができる。会話力があれば営業も社内の人間関係もスムーズにいく。愛の課題に関しても、出会いから関係の継続まで会話力が重要なカギを握る。

こうしたことは当たり前と思われがちだが、その割に会話力を本格的に鍛える機会は意外に用意されていない。野球が本格的に上手くなりたければ野球部に入る。音楽の演奏でも吹奏楽部や軽音楽部に入り練習するのが普通だ。そうしてみると、会話力を鍛える「会話部」というのがあってもいいのではないか。

もし会話部があったら、どういう練習メニューを用意すればいいのか。どういう意識でなにを課題として鍛えていけばいいのか。それを具体的に考えたのが『すごい「会話力」』(講談社現代新書)という新著だ。

質問力をどう磨くか

「すごい「会話力」」とは実にいろいろな内容を含んでいる。

まず雑談力。人間関係を作るには雑談が不可欠である。なんとなく話をしているだけのようでも人との距離を縮め、場を暖めることのできる人がいる。友人同士で雑談ができるのは当たり前のことだ。そうではなくて、誰とでも雑談を通してちょっとした知り合いのような関係に入ることのできる力、それが雑談力である。雑談力はあらゆる人間関係の基本であるが、なかなか本格的に練習をする機会は少ない。

なんとなく身に付けるという程度の認識が普通である。しかし、どこでも誰とでも雑談の花を咲かせ人間関係を作れるようになるには、ある程度意識的なトレーニングが必要となる。

例えば質問力を磨くこと。質問力があれば誰とでも会話を続けることができるようになる。相手の好きなことについて上手く聞き続けることができれば、どこまでも会話は続けられる。自分のネタを開陳するだけでは限界がある。聞き上手になれば、どうということはない会話でも人間関係を深めることができる。質問力は雑談力の軸であり会話力の柱でもある。

その瞬間に一体なにを質問すればいいのかを全センサーを働かせながら考え続ける。そうした思考習慣を持っている人は質問力が磨かれてくる。逆に不用意に質問をしてしまう人は、ときにパワハラやセクハラにあたる質問をしてしまう危険性もある。

これを避けるにはどうしたらいいか。

それは会話の最中に質問を2つ以上、できれば3つ用意しながら会話を進める習慣を持つことだ。2つ3つのうちから一番いいと思われる質問をし続ければ、失敗は少なくなる。雑談程度のことでも、質問に失敗すれば雰囲気が悪くなってしまう。

復唱して鍛えるべき伝言力

雑談力のなかで大切なこととして、コメント力もある。人の家に入ればそこで目に入るものがある。絵がかけられていたり、猫や犬がいることもあるだろう。そうしたときサッとコメントできれば、話が広がる。自分も犬を飼っていた経験があれば、それを話して犬好き同士として会話が盛り上がる。

もし会話力検定というのがあるとしたら、例えばこんな問題が考えられる。