〔PHOTO〕iStock
医療・健康・食
あなたのペットに「やってはいけない治療」「飲ませてはいけない薬」
全て自由診療、治療費は「獣医の言い値」

全国で飼われている犬と猫の数は2000万頭弱。人生のパートナーとして大事に育てられるペットが多いが、その医療に関しては、疑問符をつけざるを得ない悪質なカネ儲け主義がまかり通っている――。

 

年間の治療費が150万円!

「12年間、可愛がってきた猫の元気がなくなったので病院に連れて行きました。

血液検査を行って、腎不全と診断されてから週1回の通院生活が始まりました。毎回、色んな薬を出されたり、検査をくり返したりして数万円の支払いを続けた。1年間通ったのですが、看病の甲斐もなく、息を引き取りました。そのあいだにかかった治療費を計算すると150万円にもなっていた。私たち夫婦が充分、半年暮らしていける額ですよ。

でも『可愛い猫ちゃんのためだから』と言われると、カネに糸目をつけたくないという気持ちになってしまって……。老後の大事な生活資金に大きな穴が空いてしまいました」

こう語るのは、上野堅一さん(74歳、仮名)。上野さんのように、ペット可愛さに効果のよくわからない治療に大枚をはたいてしまう飼い主は少なくない。

「飼っているキャバリア犬が散歩に出たがらないので、入院させて様子を見ましょうということになった。点滴代1万6000円、血液検査4万5000円、手術代3万円、その他、入院費など、積もり積もって3日で33万円にもなった。ただし、それが何の手術だったのか、はたして意味があったのか、結局よくわかりませんでした」(鹿取益実さん、67歳・仮名)

空前のペットブームである。ペットフード協会の調査によると全国で飼育されている犬と猫の数は1979万頭(犬が992万頭、猫が987万頭)。少子高齢化、核家族化の影響で、「家族の一員」同様に飼育されるケースが多い。

ペットとの関係性が深まるにしたがって、その医療も高度化している。以前なら、病院に連れて行くこともなく、自然死にいたっていたようなケースでも、少しでもペットの命を永らえたいという思いから検査、投薬、手術するケースが増えている。

1年間の平均診療費は犬が5万7822円、猫が3万5749円(アニコム損害保険株式会社「ペットにかける年間支出調査」)もかかっている。

だが、これだけ大きな額を支払うにもかかわらず、動物への医療行為はその効果が曖昧なものが極めて多い。

ペットの病院を開業するには獣医師の資格が必要だが、獣医師は日本獣医師会に所属している医師と、していない医師がおり、所属していない場合は何の制約もなく、自由気ままに活動することができるのだ。いそべ動物病院の磯部芳郎氏が解説する。

「私たちの業界は、基本的に自由診療ですので、どのような治療をするのか、そしてその治療に対してどれだけの費用を請求するかはそれぞれの獣医に任されています。従って、同じ治療をしても治療代金はクリニックによってばらばらなのです。ここが一番のトラブルの問題でしょう。

飼い主からしてみれば、その獣医がどれほどの技術を持っているのか、ペットに対してどのような気持ちで接する医者なのか、請求書の金額が果たして適正なものなのか、といったことを事前に調べるのがとても難しい」

資格を持っていて、白衣を着ていれば、どんな獣医でも飼い主の目にはそれらしく映る。その獣医から「検査をしましょう」「手術が必要です」「週に1回は来てください」と言われれば、ペットを心配するあまり、黙って従う飼い主が多い。

「同じ獣医として倫理観の欠けた医師が多いと実感しています。一度、獣医になってしまえばよほどのことがない限り、資格を抹消されることはありません。カネ儲け主義の獣医や悪質で動物のことを考えない獣医が開業しているのが現実なのです」(磯部氏)

〔PHOTO〕gettyimages