Photo by GettyImages
不正・事件・犯罪
元夫・高相祐一「3度目の逮捕」でのりピーは大丈夫か
薬物依存症は完治しない

薬物依存症は完治しない

「芸能界に復帰してから4年間、彼女は損害賠償で抱えた借金を、パチンコ店への営業も厭わずに真面目に働いて返してきました。そしてようやく本格復帰への兆しが見えてきたところだったのに……」(芸能事務所関係者)

酒井法子(45歳)の元夫で無職の高相祐一容疑者(48歳)が11月18日、違法な危険ドラッグを所持していた容疑で逮捕された。

高相の知人である作家の石丸元章氏が語る。

「酒井さん、息子さんとの関係が上手くいっていなくて、孤独の中で手を出したのでしょう。以前は息子さんともよく会っていましたが、高校進学の頃から、『コミュニケーションがとりづらくなってきた』と悩みをこぼしていました。

酒井さんはおそらくここ1~2年は高相に息子さんを会わせていなかったのでは」

今年デビュー30周年を迎えた酒井は写真集を発売。9月のコンサートも満員となり、着実に復活への道を歩んでいた。

Photo by gettyimages

「年末年始の地上波の特番で酒井さんが出演する企画も進んでいたそうですが、元夫が逮捕されたことでどうなるか分からなくなりました。

これまでもASKAや高知東生など有名人が薬物で逮捕されると、必ず酒井さんの事件も掘り起こされてしまい、テレビ出演は立ち消えになっていました」(民放テレビ局員)

高相は薬物で3度目の逮捕。今後も酒井の足を引っ張り続けるだろう。

薬物依存症の更生施設「館山ダルク」代表の十枝晃太郎氏が語る。

「海外の研究によると、薬物に手を出してしまった人のうち2~4割は再犯の可能性がある。薬物依存症は完治しません。ただ止まっているだけ。だからこそ絶対に手を出してはいけないのです」

 

前出のテレビ局員はこう漏らす。

「酒井さんも再犯のリスクがつきまとうので、どのプロデューサーも起用を尻込みしてしまう」

元夫が逮捕されたことで、芸能界には「かつて一緒に覚醒剤を使用していたのりピーは大丈夫なのか」と、酒井が再びクスリに手を出すことを心配する声も上がっている。酒井の知人が語る。

「彼女は息子さんに将来は芸能界の仕事をしてほしいと願っています。さすがに息子のために彼女は二度とやらないと信じています」 

悪魔の誘惑を断ち切ってほしい。

「週刊現代」2016年12月10日号より