Photo by GettyImages
皇室
悠仁さまを乗せて追突事故! 宮内庁運転手の気の毒な処遇  
浮き彫りになった皇室内のねじれ

「皇室関係の交通事故は、'86年に高円宮さまの乗る車両が接触事故を起こして以来のことです。ただし今回は、その時とはまったく重みが違う。

なにせ、悠仁さまは『未来の天皇』です。9月に次長から昇格したばかりの(宮内庁の)山本信一郎長官の動転ぶりは、相当だったと聞きます」(全国紙宮内庁担当デスク)

11月20日朝、秋篠宮妃紀子さまと悠仁さま、悠仁さまの学友らを乗せたワゴン車が、中央道相模湖IC付近で渋滞の最後尾に追突する事故を起こした。一行はプライベートの登山に向かう道中で、予定通りに登山も行われたものの、宮内庁では激震が尾を引いている。

運転していたのは、宮内庁の30代の男性職員だった。彼の処分について、ある宮内庁職員は、

「幸いにもケガ人はなく、交通法規を破ったわけでもないので、表向きの処分は単なる『厳重注意』に落ち着くでしょう」

と話す。だが一歩間違えれば、皇室の存続をも左右する重大事故につながった可能性もある。当然、それだけで済むはずもない。職員が続ける。

 

「宮内庁内部では、左遷は免れないという話になっています。ただ、彼が今後も宮内庁で、これまでと同じように働けるとは思えない。結局は辞表を出すことになるのではないでしょうか」

現場は朝霧が濃かったとはいえ、事故の主な原因が、運転手の不注意だったことは確かだ。

しかしながら、車で出かける際には前方を白バイ、後方を警備車両が固め、全ての信号が青になる天皇・皇后両陛下や皇太子一家とは違い、秋篠宮家は警備車両が1台付くだけ。こうした警備態勢下で働く運転手を「気の毒だ」とする声もある。

Photo by iStock

「事故後、宮内庁は『秋篠宮家の警備を見直すことはない』と表明しました。秋篠宮さまも、『動きづらくなるので、警備はこのままでいい』とおっしゃっている。でも、運転手一人に全責任を被せるのもどうなのか」(前出・宮内庁担当デスク)

秋篠宮家お付きの職員は、東宮家の約50人に比べ22人と手薄。それも、最近まで7人だったのが、紀子さまの要望もあり、昨年ようやく増員されたという。事故の背景に、職員の疲労がなかったとは言い切れない。

「秋篠宮家をお世話する職員は、基本的に1年交替です。理由の一つは、紀子さまの指導が非常に厳しいこと。以前秋篠宮家を担当していた同僚は、『仕える』というより『耐える』と思って働いている、と話していました」(前出と別の宮内庁職員)

大切な「未来の天皇」を擁するにもかかわらず、サポート態勢が東宮より手薄な秋篠宮家。皇室内のねじれが、図らずもこの事故で明らかになった。

「週刊現代」2016年12月10日号より