Photo by iStock
不正・事件・犯罪 裏社会 政局

最後の「フィクサー」児玉誉士夫とは何者だったのか

誰もが「彼」を恐れていた

かつて日本人は、誰もが「彼」を恐れていた。表の世界には決して姿を見せないが、裏ですべてを掌握している――「事件の裏に児玉あり」と言われた男の一生を、佐高信(評論家)・高山文彦(ノンフィクション作家)・小俣一平(『ロッキード秘録』著者)の三氏が語る。

「月」のような男

小俣一平 ロッキード事件が発覚したのは'76年。今年が40年目ということでロッキード事件を取り上げた番組や書籍が作られ、児玉誉士夫が再注目されています。

佐高信 それまで影に隠れていた「黒幕」が表舞台に引っ張りだされるとともに、元総理である田中角栄が逮捕され、日本中が騒然としました。

児玉がロッキード社のコーチャン副会長に「小佐野(賢治)を紹介してくれ」と頼まれ、仲介をした。彼は常に、表には出てこない「月」のような存在で、政財界がその「月」を利用し続ける構造がありました。しかしその構造が、この事件によって昼の世界に引きずり出されたのです。

髙山文彦 児玉は生い立ちからして壮絶です。福島の出身で、実家は医者だったそうですが、7歳で母親を亡くし、8歳で朝鮮へ渡ったのち、出奔して上京。鉄工場で働いていましたが、12歳の時に関東大震災で父親を亡くします。18歳となった1929年、右翼の赤尾敏(元衆院議員)のやっていた国粋主義団体「建国会」に入りました。

小俣 自伝の中で、「なぜ赤旗を掲げ、『われらの祖国ソビエト』という奇怪なスローガンを使わねばならないのか」と思うようになり、国家社会主義者の北一輝の教えを受けたと言っています。17歳で北一輝は早熟すぎませんか。たしかにその後の生き方を見ると度胸だけでなく、頭のいい人だったんでしょうが。

髙山 中学や旧制高校に通っていれば左翼思想に染まるでしょうが、彼は商業専門学校卒。当時の国粋団体は、そうした学歴の低い不満分子の受け皿になっていた。児玉自身、1929年、不平等の是正を天皇に直訴して逮捕され、6ヵ月間前橋刑務所に入っています。彼もまた若い頃は義憤に燃えていたのでしょう。

小俣 それと同時に、建国会に在籍中、早くも根っからの「仲裁屋」ぶりを見せてもいます。赤尾の家の近くのバス会社で争議があり、会社側と組合側がぶつかったとき、こっそりバス会社の社長のところに行き、「話をつけてやるから軍資金を出せ」とカネを取っていたらしい。

後で知った赤尾は、「そんなことをやるのは右翼じゃない」とテレビのインタビューで怒っていました。憂国の士とフィクサーの顔が入り混じる不思議な存在ですね。

 

虚像を利用するのがうまい

髙山 その後、外務省の河相達夫の知己を得て中国に渡る。一度東京に戻りましたが、右翼活動を通して関係のあった笹川良一などの仲介で海軍航空本部の山縣正郷を紹介され、再び上海に渡り特務機関「児玉機関」を設立します。

この間、航空機を作るための資材を中国全土からかき集めました。大阪に飛行場を作って陸軍に寄付をした笹川良一もそうですが、児玉も、その頃にはもう、「大艦巨砲主義の海の時代は終わった。次は空だ」と思っていたふしがある。

佐高 そうした機知に加え、児玉は中国の過激派宗教団体「紅槍会」と取り引きして帰順させるなど胆力もあった。当初はいわば海軍の「御用聞き」だったわけですが、実績を上げるうちに、段々存在感を増していきました。

彼が重宝されたのは、相手の懐に飛び込むのがうまかったのも大きかったと思う。児玉を中国での情報収集に使った上海副領事の岩井英一などに愛され力を伸ばしました。

小俣 気遣いがうまかったのでしょうね。世話になった人への恩は忘れず、実際、敗戦後に自決した大西瀧治郎中将の未亡人を自宅の離れに住まわせたこともあったようです。

戦後は一気に大出世を遂げます。最初の内閣である東久邇宮内閣では、内閣参与事務嘱託に任命された。「東久邇宮と親しかった」とか、「緒方竹虎が」「重光葵が」推したなど諸説あります。