Photo by iStock
週刊現代

美人プロボウラー 「突然引退」の裏事情〜ケガと言われていたが…

ボウリング場で起こしたまさかの事件

「この度は私ごとでお騒がせしてしまい申し訳ありません。既にご存知だとは思いますがJPBA(日本プロボウリング協会)を退会致しました。原因は昨年からずっと患っていた手首の悪化により、現状投げることが難しいとドクターストップがかかったからです。

これからどうして行くか、100%の答えは未だ出ていませんがこの機会にじっくり考えてみたいと思います」(自身のフェイスブックより)

いま、ある美人プロボウラーの突然の「引退」が、ファンの間で大きな騒ぎとなっている。「つい、この間まで元気にプレーしていたのに、なぜ急に……」「本当に怪我が原因なのか」と憶測が広がっているのだ。

 

西村美紀(31歳)。大阪府生まれで、父親も男子プロボウラー。豪快なフォームから「浪速のダイナミックボンバー」と呼ばれていた。

「永久A級ライセンス」を取得するなど、実力もさることながら、BS日テレの人気ボウリング番組『P★リーグ』に出演し、その「美貌」からファンも多かった。

そんな人気選手が、なぜ引退に追い込まれたのか。そこにはこんな「裏事情」があったという。

Photo by iStock

事件があったのは、8月21日。静岡県にある柿田川パークレーンズで行われた試合でのことだった。ボウリング場の関係者が、絶対匿名を条件にこう明かす。

「ボウリング場の事務所に保管されていた現金約60万円が何者かに盗まれたのです。最初は従業員が疑われたのですが、警察が捜査した結果、どうも西村さんが犯人とされたようです。後日、西村さんと父親が一緒に来て謝罪したため、ボウリング場も公にはしなかったのです」

プロボウラーといえども平均年収は200万円前後。トップクラスの西村でもおそらく400万円ほどで、決して贅沢な生活ができるわけではない。

改めて事実確認をするため、本誌は西村の「ホームレーン」であるイーグルボール(大阪市)を訪れ、西村の父親・邦彦氏にも話を聞いた。

「私は、娘のことは何も知りません。協会(JPBA)に訊いてください。証拠があるなら、好きに書けばいいでしょ」

JPBAに問い合わせると、こう回答があった。

「(西村の窃盗事件については)ウチも独自で調査をしました。また本人からも事情を聞きましたが、『何もない』ということで打ち切ったわけです。残念ですが(西村の)復帰はありません。一度退会すれば復帰できない規則になっているので」

一瞬の出来心が彼女を惑わせてしまったのかもしれない。ファンにとっては、あまりに寂しい結末となってしまった。

「週刊現代」2016年12月10日号より