国際・外交 国家・民族

15人の兵士が女性を輪姦…日本人だけが知らない南スーダンの惨状

米調査機関・アフリカ専門家が明かす

「俺とセックスをするか、ここにいるすべての男にレイプされてから頭を撃ち抜かれるか、どちらかを選べ!」――。
 
2016年7月11日、南スーダンの首都ジェバのホテルでは地獄のような光景が広がっていた。武装した南スーダン軍兵100人近くが、市内のテレイン・ホテルを急襲、次々と部屋に侵入し、宿泊客から金品や携帯電話などを奪って回った。

その後、兵士の一部が、ホテル内の長期滞在向けエリアにいた欧米人20人ほどを拘束。そして兵士の1人は、AK-47ライフルを欧米人の女性救援活動者に向け、冒頭のように告げたのだ。この女性は結局、次々と15人の兵士にレイプされ、ようやく解放された。

これが、南スーダンの現実である。

「平和維持活動」という言葉のむなしさ

11月21日、日本の陸上自衛隊の先遣隊約130人が、自衛隊の宿営地があるジュバに到着した。この部隊には、安全保障関連法に基づき、国連平和維持活動(PKO)で武器使用が可能になる新たな任務「駆け付け警護」が付与された。日本ではこの「駆け付け警護」をめぐり、自衛隊が戦闘に巻き込まれる恐れがあるとして今なお賛否が飛び交っている。

一方で、稲田朋美防衛相は南スーダンの治安情勢について「ジュバ市内は比較的安定している」と主張している。しかし、多くの日本人はいまの南スーダンの「惨状」を知らされていない。そのため、この派遣をどう見ればいいのかきちんと判断できないのではないだろうか。

 

筆者は国際問題の取材を中心に行っているが、はっきり言って南スーダンの現実はあまりにひどい。「駆け付け警護」の議論をする以前の破綻国家である。南スーダンがどんな現状にあるのかを正しく理解し、南スーダンにおける国際社会の使命について、理想と現実のバランスを考えることは重要である。
 
筆者は今回、著名な米シンクタンク「アトランティック・カウンシル」の副理事で、アフリカ・センター長のJ・ピーター・ファム氏に、そんな南スーダンの現実と、新たな任務が付された自衛隊の南スーダン派遣について見解を聞くことができた。ファム氏は、米議会や国連などでアフリカの現状や政策について証言するだけなく、米国をはじめ様々な国家に対アフリカ政策のコンサルティングも担当している専門家だ。
 
スーダン情勢のエキスパートでもあるファム氏はこう断言する。

「自衛隊は南スーダンで平和維持活動をするというが、そもそも南スーダンには『平和』なんてものが存在しない」