Photo by GettyImages
野球 スポーツプレミア
プロ野球の不可解な制度「FA」と「WBC開催時期」に物申す
これじゃあ選手が浮かばれない

FA宣言していた糸井嘉男の阪神入りが決まったという。4年総額18億円だとか。

11月22日のスポーツ紙は、いずれもこのニュースを一面で大々的に報じていた。

35歳のシーズンとなった今年、53盗塁で福本豊(阪急)、大石大二郎(近鉄)に並ぶ最年長の盗塁王、なにか、突き抜けたことをなしとげる選手ではありますね。

同じ日のスポーツ新聞で興味を惹かれたのは、じつはもっと小さな、いわゆるベタ記事だった。

ちなみに「スポーツニッポン」紙が、11字×14行。「日刊スポーツ」紙は、12字×16行でした。サッカーJ1サンフレッチェ広島の佐藤寿人が、来季J2に降格する名古屋グランパスへ完全移籍したというニュースである。

これ、いい移籍だと思うのだ。

まず、佐藤は12年間サンフレッチェに在籍し、エースとして活躍してきたフォワードである。日本代表の経験もある。

印象深いのは2007年、サンフレッチェがJ2に降格したとき、迷わず即座に残留を表明したこと。1年でJ1に戻り、翌シーズンはJ1優勝を果たした。以来3度のリーグ優勝に貢献したチームの顔である。

サンフレッチェ広島のチームの顔として活躍してきた佐藤寿人選手〔PHOTO〕gettyimages

エースの移籍に見る三者の関係性

ところで、どんな選手にも年齢的な衰えはやってくる。34歳になった佐藤は、今季、めっきり先発出場が減った。

事情はどうあれ、はずしたのは森保一監督ということになる。

森保監督は、就任5年目。そのうち3回がリーグ優勝なのだから、名将と言ってさしつかえないだろう。

チームの顔、大エースを外し続けるという、監督の決断力にまず、敬意を表する。いずれ、こういう事態を招きかねないことも、覚悟のうえだったはずだ。

次いでフロントもまた立派である。

「シーズン中から来季についての契約を打診し、名古屋から正式なオファーを受けた後も、引き続き残留を要請してまいりました」と球団の公式リリースで公表している。

最後に佐藤本人である。自身のオフィシャルサイトにこう綴っている。

「来季はどんな役回りでもやり、広島での現役生活を全うしようと考えていました。その中で今回、名古屋から話を頂き、自分の中で選手としてまだまだ戦いたい(略)、という気持ちが強く、移籍を決断しました」

監督の決断、それを受け入れながらも新天地を求めた選手、その双方を支えようとしたフロントという、三者の関係が透けて見えるようではないか。

Jリーグを手本にFA制度変更を!

プロ野球も、こういう移籍がもっとあっていいと思うが、少なくともFAの場合は少し様相が異なる。

 

たとえば、今年、実際にFA宣言して移籍交渉をしたのは、たったの5人である。岸孝之(埼玉西武→東北楽天)、糸井嘉男(オリックス→阪神)、森福允彦(福岡ソフトバンク→巨人)、山口俊(横浜DeNA→巨人)、陽岱鋼(北海道日本ハム→楽天orオリックス)。

もちろん、FA権を取得した選手はもっとたくさんいる。しかし、実際には、ごく少数の特別な超一流選手が特別な好条件を得て移籍するための制度になっていないだろうか。

いや、FAそのものは必要だし、ドラフトという形で入団する選手にとっては重要な権利である。問題は、例年、ごく限られた特別な選手のためだけのシステムになっていないか、ということだ。