Photo by GettyImages
野球

元“悪の帝国”ヤンキース、チーム再建の新たなシナリオ

MLBウインターミーティング展望

2016年のMLBウインターミーティングが12月4~8日までメリーランド州で開催され、ストーブリーグはここで本格化する。過去4年間でプレーオフでの勝利はゼロと低迷する名門ニューヨーク・ヤンキースはどんな方向に進むのか。

今オフは投手陣、DHのテコ入れが目標。立て続けのトレードでプロスペクト(有望株)の数は豊富になっただけに、大型補強も可能ではある。ただ、これまで“せっかちな街”の代名詞のような存在だったヤンキースのチーム作りに、今では確実に変化が見えてきている。

キャッシュマンGMは現実的な優勝争いまで少し時間がかかりそうなヤンキースの現状をを理解している〔Photo〕Gemini Keez

今夏、即座の優勝争いが難しいことを悟ったチームフロントは、シーズン中にアロルディス・チャップマン(シカゴ・カブス)、アンドリュー・ミラー(クリーブランド・インディアンス)、カルロス・ベルトラン(テキサス・レンジャーズ)、イバン・ノバ(ピッツバーグ・パイレーツ)といった主力を次々と放出した。

高齢のアレックス・ロドリゲス、マーク・テシェイラは引退。シーズン終了後には余剰戦力になったブライアン・マッキャンもヒューストン・アストロズへ放出するなど、チーム解体は進んでいる。

その後を受けて迎えた今オフ――。

“ワールドシリーズ進出以外はすべて失敗”が合言葉だった頃のヤンキースなら、散財を厭わず、大型補強に挑んでいたことは間違いあるまい。

サバシアも2018年が契約最終年。シーズン中に放出の可能性もある〔Photo〕Gemini Keez

例えばカブスからFAになったチャップマンを呼び戻し、同じくFAで今季42本塁打のエドウィン・エンカーナシオン(トロント・ブルージェイズ所属)を獲得すれば選手層は厚くなる。

さらに若手の何人かを放出してメジャー屈指の左腕であるクリス・セール(シカゴ・ホワイトソックス)、あるいは2013年にナ・リーグMVPを獲得したアンドリュー・マカッチェン(パイレーツ)をトレードで手に入れれば、一気に戦力アップすることは確実だろう。

ただ、今のヤンキースはジョージ・スタインブレナーに率いられていた頃とは別のチーム。意外な緊縮財政を目論んでいる。今オフに大物を獲得するとしても、すでにニューヨークでプレーした経験のあるチャップマンくらいではないか。

 

「あと1ピース(1人の選手)を加えれば優勝が狙える位置にいるのなら、4~5人を費やしてその選手を得るのも良い。だが2017年に向けて、私たちにはそのような方向性は適切ではない。危険なやり方と言えるだろう」

2016年のシーズン終了後、ブライアン・キャッシュマンGMはこんな言葉を残していた。来年もプレーオフは争えるだろうが、まだ世界一が狙える戦力ではないという現在のチームの立ち位置を自覚している。

だとすれば、あと1年は地道なチーム作りを進めるのが賢明。“パワーハウス完全復活”を待つニューヨーカーは、もうしばらく我慢を強いられることになりそうだ。