不正・事件・犯罪

東京地検特捜部が狙いをつける「復興利権」の疑惑と闇

「最強の捜査機関」の復活は成るのか

狙うは政財界の闇

東京地検特捜部が、自ら事件の端緒を掴んで捜査着手する特殊直告班を動かし、捜査着手したのは10月17日である。以降、関係各所の家宅捜索を行い、関係者の事情聴取を続けてきた。

捜索容疑は貸金業法違反――。

愛媛県松山市の業者が、都道府県知事の貸金業登録を受けていないにもかかわらず、埼玉県で建設業を営むT建設グループなどに金銭を貸し付けて無登録営業を行ったという事件である。

2010年、証拠を改竄したとして特捜部長以下が逮捕された大阪地検事件以降、新たな検察捜査の方向性を示せず、独自案件に踏み込めない状態が続いているにせよ、いかにも軽量級の事件である。政官財を監視する「最強の捜査機関」の名が泣く。

だが、やはり狙いは他にあった。松山の業者に近い関係者が証言する。

「貸金業法違反は入口だと聞かされているそうです。狙いは、急成長しているT建設グループが、東北の復興工事でゼネコンや地元業者の“前捌き”でやっていること。つまり、東北復興の除染作業を中心とする利権の解明が狙いで、(松山の業者は)捜査協力をしているという認識です」

確かに、17日から数日間行われたという家宅捜索、今も精力的に続けられている事情聴取は、T建設グループに力点が置かれている様子で、「貸金業法違反については被害者なのに、なんでウチが狙われるんだ」と、同社には不満が広がっているという。

 

バブル時代、関西を中心に企業の倒産整理、債権回収、地上げなどで一世を風靡したY商事という会社があった。「表」にも「裏」にも強いことで知られたが、松山の業者を率いるH女史は、そのY商事でノウハウを学んだやり手である。

そのH女史にT建設を紹介したのがS氏で、T建設はS氏を顧問に迎え、除染など東北復興に本格的に関わるようになってから急成長した。

当初は、事業拡大に合わせて「急ぎのカネ」が必要で、それをH女史に頼っていたが、次第に高利に加えて「別名目の請求」が多いH女史との関係を切ろうとしてトラブルが発生。今年初め頃から民事刑事の争いに発展するようになった。

H女史の会社が、T建設グループに貸し付けたのは、2012年2月10日から15年12月22日までの約3年10ヵ月で、その間の利息は年15%で遅延損害金は20%。高利だが法定金利であり違法ではない。

だが、「別名目の請求」があったということで、それについては民事訴訟も起こされている。T建設グループのホテル管理会社が、今年4月5日、H女史を訴えたのは、「金主としての優越的地位を利用して、虎ノ門ヒルズの1部屋(家賃76万円)を占有しているので、その間の賃料合計1368万円を支払え」というものだった。

事業会社と金融業者との蜜月が終わり、その間の金利を含めたトラブルに発展。H女史は、長く貸金業登録をしていたが、10年6月18日に完全施行された改正貸金業法を機に登録しておらず、法的な瑕疵を突かれて告訴に持ち込まれた。

それを東京地検特捜部が受理したのは、T建設の監査役に関西検察の大物OBがついていたこともあるが、T建設が急成長する過程で行ったとされる次のような工作があり、それが検察の興味を引いたという。

都内の料亭で、S顧問、大手ゼネコン役員、元代議士、現職代議士が集まってドンチャン騒ぎをした。除染請負に伴う謝礼の接待。現金が渡ったし、それを裏付ける会話録音や写真も存在する――。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら