photo by iStock
不正・事件・犯罪 格差・貧困
女子高生は「リベンジ・ポルノ」で二度殺された
ルポ・三鷹ストーカー殺人事件【前編】

なぜ今になって二審が?

三鷹ストーカー殺人事件――2013年10月8日に、18歳の女優の卵だった女子高校生が、かつて交際していた男性に自宅前で刺殺されて殺害された事件だ。

加害男性は、彼女の裸が写った画像をインターネットに流した後に事件を起こしたことから、「リベンジ・ポルノ」という言葉が広まり、翌年にはリベンジ・ポルノ防止法が成立した。

本日(11月29日)、この事件の二審が、東京高裁で開かれる。一審は2014年の8月に判決が出ていたが、なぜ今になって二審が行われるのか。

それは、一審で検察がリベンジ・ポルノを起訴しなかったにもかかわらず刑量に含めるよう主張したため、高裁が不当として地裁への差し戻しを決定したからだ。それで2016年の3月に改めて差し戻し審が行われ、今になって高裁での二審が開かれることになったのだ。

裁判は遅々として進まない。遺族である女子高生の両親は裁判でこう語った。

「(夫婦は)2人とも精神科に通っています。しかし、今は裁判を闘うために治療を延期しています。怒りを抑えないためです」

両親は加害者への怒りを持って裁判に臨むため、精神科での治療さえ延ばしている。にもかかわらず、裁判は3年以上過ぎた今なお、二審での審議に留まっており、インターネット上には被害者のポルノ画像が大量に残されている。

あの事件はどのようにして起き、遺族と加害者は今何を思っているのか。3回にわたって事件を考える前に、まず全容を記しておきたい。

photo by iStock

名門大学生と偽り交際

加害者の名前は、池永チャールズ・トーマス(事件当時21歳)。日本人の父と、フィリピン人の母との間に生まれた。

詳しい出自は「中編」で述べるとして、4歳の時に実の父が離婚。クラブでホステスをする母親は次々と男を変えて家につれ込み、ネグレクトと虐待をくり返した。彼には父のちがう幼い妹が1人いる。

池永と被害者女性Sさんとの出会いは、2011年7月、フェイスブック上でだった。

池永は高校卒業後にフリーターとして京都で暮らしていたが、フェイスブックでは立命館大学の大学生だと偽り、「ハーフで英語が堪能」だと誇示していた。高校1年だったSさんはそれを鵜呑みにしてメッセージの交換を開始。その年のクリスマスに、池永が東京に会いに行き、交際がはじまった。

 

Sさんは、絵に描いたような才女だった。小学生の頃から女子大の付属の一貫校に入学し、ピアノが得意で同級生たちのリーダー的存在。学校の成績はオール5で英語と美術が得意な一方、小学5年で芸能プロダクションにスカウトされ、テレビドラマや映画に出演していた。

池永はSさんにのめり込み、頻繁に東京へ会いに行く。1月、2月、4月、5月、6月とほぼ毎月で、ゴールデンウィークにはSさんの両親に挨拶をして交際を報告した。肉体関係になったのは、その2ヵ月後の7月だ。

池永はSさんに愛情を抱いたきっかけを次のように語る。

「彼女に私の恵まれない家庭のことを話したことがありました。そしたら、家族が愛してくれないなら、私が(あなたに)欠けている愛情を満たしてあげると言われたのでございます」

池永は幼い頃から親の愛情を知らずに育ってきた。Sさんは、それを代わりに担ってくれる存在だったのだろう。

だが、2人の距離が縮まれば縮まるほど、池永の胸に不安が首をもたげるようになった。身分を偽っていることへの罪悪感である。

「嘘をつきつづけて、このままうまくいくとは思っておりませんでした。本当のことを言えなかったのは、見下されると思っていたから。いつか嘘が発覚する。ならば、アメリカへ行って自然消滅させようと思ったのです」