〔PHOTO〕gettyimages
国際・外交 日本 ドイツ スイス
世界で一番「幸福」な国スイスは、ニッポンと何が違うのか?
似ているところもけっこうあるが…

ドイツとスイス、そして日本

私の住むシュトゥットガルトから急行列車に乗れば、2時間ほどでスイスの国境を越える。東京から長野へ行くのとさほど変わらない。しかも、スイス国民の6割以上の人々は、少々アクセントが異なるとは言え、ドイツ語を母国語として使っている。この両国は似たところが多い。

たとえば、どちらも規則がたくさんあり、皆がその規則を割とちゃんと守るところが似ている。赤信号で車は止まるし、駐車違反も少ない。両国とも財政規律を重んじ、ヨーロッパの他の国と比べると、失業率は低く、収入も多い。公共の場所は清潔で、どこでトイレへ入ってもびっくりしない。

だが、だからといって、彼らがお互いに好き合っているかというと、それは別だ。ドイツ人は、「スイスは素晴らしい。ただ、スイス人さえいなければもっと素晴らしい」と皮肉るし、「我々の(悪い)性格をさらに徹底すれば、スイス人が出来上がるだろう」などという、ドイツ人特有の自虐的ギャグもある。

ひょっとすると、彼らは似すぎていて、近親憎悪のようになっているのかもしれない。いずれにしても、お互いをちょっとバカにしながら、実は一目置いているというのが、スイス人とドイツ人の関係のようだ。

 

さて、では、スイスと日本はどうかというと、これまた面白い。公共の場所が清潔で、真面目に規則を守り、勤勉で、製造業が強いといったところは、ドイツとの共通点とほぼ重なる。また、スイスには峻険な山が連なり、日本は海に囲まれているため、両国とも自由な動きを阻まれ、昔から少し閉塞感があったところも似ているだろう。

ただ、違うところも多々ある。スイス人はEUの真っただ中にありながら、頑としてEUには入らない。NATOにも加わらない。しかし、それを孤立などとは考えない。この国の人々は、他国民とつるむ必要性をあまり感じていないようだ。

それに比して我々日本人は、何をするにも仲間を探し、仲間が見つからないと、すぐに自信をなくしてしまう。なかなか「我が道を行く」ことができない。国内では価値のある「和の精神」だが、それを、利害の異なる外国との関係にまで広げようとするので、うまくいかない。外交といえば、諸外国では軍事であり、商業利権の争奪であるが、日本ではなぜか国際親善っぽい。

スイスは、男子国民皆兵制を含む堅固な国防体制を守り続けている。永世中立国であるからといって攻撃されない保障などないと考えており、強い軍隊を持つことが国是だ。

〔PHOTO〕gettyimages

スイスの国防省の正式名は、「国防、民間防衛、スポーツのための省」だ。危機感を保つため、それなりの学校教育がなされる。いまも「有事」という言葉が生きており、国民は有事には蜂起する覚悟だ。「スイスには軍隊はない。スイス自体が軍隊だ」と言われるが、軍国主義と民主主義を、ここまで上手にミックスした手腕は大したものだといえる。

今となっては、スイスよりもずっと多くの危険にさらされているように見える日本人が、まったく危機感を持たずに、国防もエネルギー調達も他国に全面的に依存して暮らしていることを知れば、彼らは腰を抜かすに違いない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら