(c)さかもと未明
医療・健康・食 エンタメ ライフ
私、発達障害だったの? さかもと未明が実体験を描いた衝撃マンガ
自分はノロマなだけと思っていたら…

「戸締まりの確認に1時間」「ゴミが捨てられず、気づけば超ド級の汚部屋」当初は自分がノロマなだけと思っていたが、どうやらそうでもないらしい――医師に相談したところ、発達障害だったことがわかって……そんな経験を作家・さかもと未明氏がマンガにした『奥さまは発達障害』が発売された。発達障害の人が抱える苦悩を描いた本作より、哀しくもちょっと笑ってしまう冒頭シーンを特別公開する。