〔PHOTO〕gettyimages
大統領選 アメリカ
トランプ支持層と「ナチス台頭時」に支持した階層はきわめて似ている
属性調査でわかった意外な実像

気まぐれな選挙の神様

今回のアメリカ大統領選は「世紀の番狂わせ」となり、悪評が高かったトランプ氏が勝利した。

本稿執筆時点(11月14日)では、まだ未確定の選挙人が20人いるようだが、トランプ氏の獲得した選挙人の数が290名、クリントン氏が228名なので、逆転はないようだ。

だが、得票数をみてみると、トランプ氏が6035万241票であったのに対し、クリントン氏は6098万1118票で、クリントン氏が上回っている(AP通信調べ)。

つまり、今回の大統領選はやはり大接戦で、「選挙人制度」のマジックが偶然、トランプ氏有利に傾いた可能性が高い。

ちょっとした「ズレ」でクリントン氏が勝利していた可能性もあるわけで、クリントン氏を支援してきた人々がデモを起こしたくなる気持ちもわからなくもない。

 

米国では、世論調査をもとにはじき出した主要メディアの選挙予測がことごとく外れたことが問題になっている一方、インドのベンチャー企業が開発したといわれるAIを用いた予測モデルがトランプ当選を「的中させた」と話題になった。

筆者は、選挙予測の方法やその原データとなった各種世論調査の方法を詳細に知っているわけではないが、「得票数ではクリントン、選挙人ではトランプ」という結果を考えると、ほぼ両者の勝利確率が50%に近く、どちらが勝ったとしても「誤差」の範囲内だったのではないかと考えている。

〔PHOTO〕gettyimages

気まぐれな選挙の神様が放り投げたさいころが、たまたまトランプ当選の方向に転がったのではなかろうか。

また、話題になったインドのAIモデルでは、SNSでのトランプとクリントンに関するツイート数の差を予測モデルの説明変数に組み込んだことが的中につながったとされている。

だが、ツイッターのつぶやきの数の差が直接的に両候補の人気の差に現れてくるという単純な関係が正しいとは限らない。

したがって、トランプ当選以降、「私はトランプ当選を的確に予測していた」と宣言する識者が保守系の論客を中心にどんどん出てきているが、それは「トランプ当選の希望が叶った」という程度の話で、「予測」たる精緻な科学的根拠は何もなかったと思われる。

ある識者などは、「最近の大統領選では共和・共和・民主・民主という順番だったので、次は共和党候補に違いない」というのがトランプ勝利を予測した根拠だと得意げに話していたが、全く話にもならない与太話である。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら