ボクシング
井上尚弥vs.河野公平 〜35歳の“雑草”に勝機はあるか?
今年も年末は格闘技色に染まる

今年の年末は熱い!

今年も年末は、「格闘技色」に染まる。

総合格闘技の『RIZIN』(12月29、31日・さいたまスーパーアリーナ)だけではない。ボクシングの世界タイトルマッチが昨年末同様に7試合行われるのである。対戦カードは次の通りだ。

[12月30日、有明コロシアム]
▼WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
井上尚弥(王者=大橋)vs.河野公平(挑戦者/前WBA同級王者=ワタナベ)
▼IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ
八重樫東(王者=大橋)vs.相手未定
▼WBO世界バンダム級タイトルマッチ
マーロン・タバレス(王者・フィリピン)vs.井上拓真(挑戦者/7位=大橋)

河野<左>にとっては10度目の世界戦となる

[12月31日、京都・島津アリーナ]
▼WBA世界フライ級タイトルマッチ
井岡一翔(王者=井岡)vs.スタンプ・キャットニワット(挑戦者/1位=タイ)

[12月31日、岐阜メモリアルセンター]
▼WBO世界ライトフライ級王者決定戦
モイセス・フエンテス(1位=メキシコ)vs.田中恒成(2位=畑中)

[12月31日、大田区総合体育館]
▼WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
ジェスレル・コラレス(王者=パナマ)vs.内山高志(挑戦者/2位=ワタナベ)
▼WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ
田口良一(王者=ワタナベ)vs.カルロス・カニサレス(挑戦者/3位=ベネズエラ)

2人が歩んできた対照的なボクシング人生

内山の王座返り咲きが成るか否か。コラレスとの約8ヵ月ぶりの再戦も大いに気になる。田中は8戦での2階級制覇(日本タイ記録)を賭けて闘う。井上拓真は兄に続けるか。

注目のカードが揃ったが、その中でも私が最も興味を抱くのは、“日本人対決”井上尚弥vs.河野公平である。

井上は、来年中に4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)と闘うことを熱望している。それに向けて今回の対戦相手には、26歳の気鋭ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ=元WBA&WBO世界フライ級王座)が用意されるのではと噂されていた。

しかし、交渉は難航したようだ。そこで急遽、王座を失ったばかりの河野に白羽の矢が立ったのである。

 

奇抜なマッチメイクだと思う。

井上23歳、河野35歳。ひとまわりほどの年齢差のある両者は、対照的なボクサー人生を歩んできた。

井上は高校1年生の時にインターハイ、国体、高校選抜の3冠を制して鳴り物入りでプロデビュー。わずか6戦目で世界のベルトを腰に巻いたエリートボクサーだ。プロ入り後も11連勝中である。

対して河野は、たたき上げの雑草。2000年秋のデビュー戦で、いきなり敗北を喫している。

それから約8年の歳月をかけて実績を積み、世界初挑戦(WBA世界スーパーフライ級王者決定戦)を果たすも名城信男(六島)に判定負け。その2年後の10年に2度目の世界挑戦にこぎつけたが、ここでも敗れる。

そして、12年大晦日、進退をかけての3度目のチャンレンジでテーパリット・ゴーキャットジム(タイ)に4ラウンドKO勝ちし、ようやくタイトル(WBA世界スーパーフライ級)を手にしたのである。黒星デビューから12年、35戦目のことだった。