〔PHOTO〕gettyimages
歴史
本土の人間にはわからない日本の暗部〜構造化した「沖縄差別」
沖縄人は世界をこう見ている

差別者は自らが差別者であることを自覚しない

日本と沖縄の関係は、ほんとうに難しい。

沖縄県東村高江周辺で進むヘリパッド移設工事現場の周辺で、10月18日、抗議活動をしている市民に大阪府警から派遣された機動隊員が、「どこつかんどるんじゃ、ぼけ、土人が」と発言した。

この機動隊員の暴言に対して沖縄の世論は激しく反発している。本土の日本人からすれば、大阪府警もこの発言をした機動隊員を戒告処分にしたのでいいじゃないかと思うかも知れないが、沖縄人にとってはそれでは済まされない問題だ。

筆者の母親は沖縄の久米島出身であるが、父母、祖父母の世代の沖縄人が、日本人から「お前らはどこの土人だ」と侮蔑されたこと、沖縄戦で琉球語を話す沖縄人が日本軍人から「貴様等、土人語で話してスパイ活動をしているのか」などと濡れ衣を着せられて殺されたことを、沖縄にルーツを持つ人々は忘れない。

 

筆者もその類の話を母(佐藤安枝、旧姓上江洲)、伯父の上江洲智克(通名久、元兵庫県沖縄県人会長)からたくさん聞いた。学校教育で教えられる歴史と別の、家族や親族、そして沖縄人同胞によって伝えられる「もう一つの歴史」を沖縄人は持っている。

「琉球新報」の電子版に掲載された動画で日本人機動隊員の暴言を聞いて、久しぶりに母の声、伯父の声が正確に甦ってきた。このような乱暴な沖縄差別が21世紀の現在にも生き残っていることを再認識した。

問題は、この暴言を吐いた機動隊員個人にのみ存するのではない。沖縄人を「土人」視する日本の警察の文化だ。

差別が構造化されている場合、差別者は自らが差別者であるというのを自覚しない。それどころか、差別を指摘されると自らがいわれのない攻撃をされた被害者であると勘違いする。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら