野球 スポーツプレミア

「黒田博樹vs.大谷翔平」永久に記憶しておきたい3打席全8球

背番号15とともに

背番号15が永久欠番に決まった黒田博樹(広島)の現役最後の1球は、大谷翔平(北海道日本ハム)に投じたアウトローに沈むスプリット(あるいはフォーク)だった。10月25日、広島対日本ハムの日本シリーズ第3戦、6回裏のことである。

黒田はこの投球の直後に体の異変を訴え、治療後、再びマウンドに登って投球練習をするも、自ら降板。そして、彼が再びマウンドに立つことなく、日本シリーズは日本ハムの4勝2敗で幕を閉じた。

第3戦の試合後、大谷は「それまで全くそういうそぶりを一切見せなかったのは凄い」(10月26日付スポーツニッポン)とコメントしている。

たしかに何度ビデオを見直しても、どこかを気にしているような仕草は見出せない。いや、わずかに足を気にしているような動きがないではないが(足がつったのだという)、そう思って探さない限り、まず気付くことはできないだろう。

非凡さを証明した2本のツーベース

黒田はこの日、3番大谷に2打席連続で二塁打を打たれている。察するに、どうしてももう1打席、大谷と勝負し、自分の投球で抑えられることを確認してから降板したかったのではあるまいか。あるいは、それを確認してから引退したかった。そして、実際に最後の1球で、レフトフライに打ち取ったのである。

だとすれば、この日の黒田対大谷の3打席は、振り返るに値するものに違いない。

第1打席は1回裏、1死一塁の場面である。

初球 外角へ逃げて沈むツーシーム

大谷はこれを打って、三塁線を破る二塁打。

黒田は立ち上がり、まず自らの代名詞ともなったツーシーム、すなわち左打者の外角へ逃げていくボールを配したことになる。これを大谷は、測ったように三塁線へ狙い打った。

テレビ中継の解説だった古田敦也さんは「ゴロを打たせたいところにゴロを打たせて、それが結果的にヒットになってしまったんですけど、(それで黒田が)浮き足立つようなことはないと思います」と解説した。ランナーが出ても、ゴロを打たせてなんとかゲッツーをとっていくのが、黒田のスタイルなのだから、と。

まぁ、そうなのでしょう。こういうヒットを打たれても、なんとか最少失点で後続を抑えていくのが、今の黒田の持ち味だ。だけど、大谷もまた、外角に武器とするツーシームがくると読んでいたから、初球からスムーズに手が出たのではないだろうか。それは、じつは、投げた黒田も感じたのではあるまいか。

ともあれ、初球の外角に逃げていく軌道に対して、しっかり三塁線にもっていける大谷の巧打者ぶりには、舌を巻く。

第2打席。4回裏無死走者なし。大谷は先頭打者である。

(1)外角 ツーシーム ボール
(2)内角 カットボール ボール

初球は第1打席と同じ球種ではずしておいて、2球目にインコースを攻める。しかも、そのボールに対して、大谷はヒザを引いてよけており、体勢を崩されている。

しかし、それほど大きく外れたわけではない。インコースのストライクゾーンから近めに外れていく軌道だが、打席のあたりまできて、ぐいっとさらに近めのボールゾーンに食い込むカットボールだった。ボールはボールでも、大谷が予測した以上に、最後に食い込んだから、ヒザを崩されたのだろう。

(3)真ん中低め スライダー 空振り

これでカウント2-1だが、3球目のスライダーが面白い。おそらくわざとスピードを落として大きく曲げたのである。だから大谷は完全にタイミングを狂わされての空振りになった。

ここまで、2球目と3球目は黒田が大谷の体勢を崩すことに成功している。

(4)内角高め カットボール 右中間二塁打

前の2球で崩したことを利用して、一転してインハイを攻める。フライアウトか見逃し、ないしは空振りを狙ったものか。

ただし、わずかに甘く入った。これを大谷は見逃さない。ものの見事に振り切って、右中間をライナーで破ったのである。2球目、3球目への反応から考えても、このスイングは素晴らしい。