メディア・マスコミ エンタメ 企業・経営
激変する音楽ビジネス、なぜ日本は「世界的潮流」に乗り遅れたのか?
音楽の未来、ヒットの未来

今秋ようやくスポティファイが日本で本格リリースされ、これから音楽はますます「所有からアクセス」へと移行していくだろう。こうしたビジネス構造の過渡期が続くなか、その先に何が待っているのか? 新刊『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)から、音楽とヒットの未来に関する論考を特別公開!

過渡期の続く音楽業界

10年代の日本の音楽カルチャー、アイドルもロックもひっくるめた新しい日本のポピュラー音楽を巡る状況には、これまでにない大きな可能性が広がっている。とても豊かな音楽シーンが生まれている。それが筆者の嘘偽りない実感だ。

しかし、ビジネスやマーケットの動向を見れば、決して先行きが明るいと言うことはできない。

音楽ソフトの売り上げは落ち込みを続けている。ライブ・エンタテインメント市場は拡大しているが、それぞれの会場の収容人数が決まっている以上、動員数には上限がある。

ヒップランドミュージックコーポレーションの野村達矢も「現実はまだまだ音楽ビジネスの構造自体が崩壊している過渡期の段階」と、現状に危機感を持っていることを語る。

では、その先には何があるのか?

ここでは、グローバルな市場動向を見据えた上で、音楽の未来、そしてヒットの未来について問題提起をしていきたい。

 

所有からアクセスへ

「消費者の要望は、音楽を『所有』することから、音楽に『アクセス』することへと変化している」

国際レコード産業連盟(IFPI)のフランセス・ムーアCEOは、こう告げた。2015年4月に発表したデジタル音楽市場調査結果のレポートの中でのことだ。

2015年という年は、世界のレコード産業にとって歴史的なターニングポイントになった。2016年4月のIFPIによる発表でそのことが鮮明に示された。

世界全体の音楽市場のうち、デジタル配信(ダウンロードおよびストリーミング)の売り上げが全体の45%を占め、一方、パッケージメディア(レコードやCDなど)の売り上げが占める割合は39%となった。

初めてデジタル配信がパッケージメディアを上回ったのである。同レポートでは、世界19ヵ国の音楽市場で同様の傾向が見られることが示されている。

おそらく、この趨勢がこの先覆ることはないだろう。グローバルな音楽市場においてはデジタル配信が完全に主軸となった。CDはすでに「過去のメディア」と化したのだ。

さらに言えば、ダウンロード配信すら徐々に過去のものになりつつある。デジタル配信の売り上げの内訳に占めるiTunesなどの有料ダウンロード配信のシェアは急速に減少している。そして「聴き放題」の定額制ストリーミング配信による収益がそれに取って代わりつつある。

背景にあるのは、アップル・ミュージックやグーグル・プレイ・ミュージック、アマゾン・プライム・ミュージックなど、グローバルなITプラットフォーム企業が2015年に相次いで定額制ストリーミング配信サービスを開始したことだ。

先行するスポティファイも、全世界でのユーザー数は1億人を超え、有料会員だけでも4000万人以上となった。