不正・事件・犯罪
90億円の詐取容疑で逮捕間近!京都「大手企業・元役員」の訴え
海外逃亡後の手紙も発見

一時は死亡説まで流れた

「90億円の簿外債務を、私ひとりで処理できるわけはない。会長も知っていたことです」

フィリピンからの国際電話で、千葉在住の日本の知人にこう訴えているのは、佐川印刷元役員の湯浅敬二氏(63)である。

湯浅氏は、未上場ながら連結売上高1000億円を誇る京都の印刷大手・佐川印刷で、2015年1月まで財務担当取締役を務めていた。同社では、外部からの通報により、湯浅氏による約90億円の資金流用が発覚。会社は内部調査の末に刑事告訴したものの、湯浅氏は京都地検の捜査が本格する前の同年2月末に東南アジアに向けて出国し、その行方はとして知れなかった。

その間、京都地検は、約4億円の子会社資金を知人口座にインターネットバンキングで入金してだまし取ったとする詐欺容疑で湯浅氏の逮捕状を取り、海外でもすぐに身柄を拘束できる「国際海空港手配」の手続きを取った。

83年の佐川印刷入社以来、32年間、財務畑を中心にコツコツと勤め上げ、事件発覚の3年前に取締役に就任した湯浅氏は、海外に人脈があるわけでも、語学が堪能なわけでもない。にもかかわらず、1年8ヵ月に渡って逃げ続け、民事訴訟での裁判所の呼び出しにも一切応じることなく、一時は死亡説まで流れていた。

フィリピンでの拘束は、何者かによる通報によるもので、金銭トラブルが原因のようだ。マニラの地元紙によれば、首都圏タギット市の入管拘置施設にいる湯浅氏は、日本への送致を待っている段階。帰国次第、逮捕されることになる。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら