ライフ

「塩:適量」って何グラム? 料理の“勘どころ”、全部数字に直しました

「おいしくない」には理由がある

「今日はおいしくできた」から、「いつもおいしくできる!」へ。

しょっぱすぎた、火が通ってない、味がしない・・・・・・和食を難しくしている塩かげん、火かげん、調理時間。NHKワールドで和食番組のホストを務める料理家行正り香さんが、おいしさにこだわって和食をルール化した『レシピのいらない和食の本』

レシピが覚えられないという人でも、なんとなく作っているという人でも、この簡単なルールで毎回おいしい和食が作れるようになるはずだ。

ルールはおいしさへの最速の乗り物

和食のレシピを見てみると、「適量」「適宜」「適当」――そんな表記が多いことに気づく。毎日和食を作っているならともかく、作り慣れない人にとってはこの表現、実はかなりやっかいだ。その「適当」なさじかげんで、塩がきつかったり生焼けだったり、と味が一定しない原因となる。

「この“勘どころ”を数式にできないか、と思ったのがルールを作った理由」と語る行正り香さん。海外の視聴者を対象としたテレビ番組で和食を紹介している行正さんにとって、誰もが味を再現できる方法は必須だった。

「数学に公式があるように、英語に英文法の授業があるように、こうしたルールはミニマムな力である一定のレベルまで連れていってくれる“最速の乗り物”なんです」

「適当」料理は、このルールを自分のものにしてから始まる。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら