ライフ

アイアンマンレースに挑む、「超老人」の挑戦!

なんと83歳と11カ月!

10月はトライアスリートにとって、特別な月。

なにしろ、トライアスロンの頂点を決める「アイアンマン ワールドチャンピオンシップ コナ大会」が開催されるからである。この大会が世界中のアスリートの憧れであり、翌年のトライアスロン界のマーケットを占う意味で重要な鍵になっている。

つまりこここそが、業界の中心であり、オリンピックでさえも敵わない。そう、まるでテニスのウィンブルドン、ゴルフのマスターズ、サイクルスポーツのツール・ド・フランス的存在である。
 
そのコナに憧れて1年を過ごすトライアスリートは多いが、中でも日本の稲田弘は世界中から注目を集めている。

現在、ここで入賞を狙えるようなプロ・アスリートがいない日本において、大会側からインタビュー依頼が来たりするのは、国内では間違いなく彼だけだろう。今年もあちこちで話題になっていた彼は、83歳と11カ月で今年のレースを迎えた。

(80‐84歳の部で優勝した稲田氏の表彰式)

その年齢でこの厳しいレースを完走できるのか? 同じ日本人の僕にも、各国のメディアや選手からそういったことを聞かれることが多かった。
 
83歳といえば長寿国の日本においても平均寿命以上である。つまり生きているだけでも素晴らしい。稲田は1人で海外へ遠征し、飄々と現地で生活をこなす。ホテル暮らしも外食生活もいとわない。

 

選手である前にそれだけでも驚きの83歳だが、彼はそのうえ、海で3.8km泳ぎ、180km自転車に乗り、42.2kmを約17時間で走るアイアンマンだ。それぞれ単一種目であっても大変な距離なのに、継続してこなす。

特に、このコナのコースは風、波、太陽が厳しい条件で、若いトライアスリートでも苦しませられる。そのスタートラインに立つ“超老人!”。世界中が注目するのも当然だろう。

しかし、彼のトライアスロン歴は意外に長くない。64歳から水泳をはじめ、最初のレースは70歳。そこで完走できた喜びがこの世界にどっぷりとハマるきっけになった。それから10年、79歳の時にこの世界選手権で完走し、いきなりエイジチャンピオンに。

そこから世界は注目した。しかし、その後3年は完走できず、「やはり80歳を超えるとこのレースは厳しいのでは」とささやかれてもいた。いや、それは至極当然の意見だったのかもしれない。