国際・外交 ロシア

北方領土問題、最も現実的な着地点はこれだ!

日露両首脳は"一発勝負"に出るか

北方領土の共同統治は本当か

1956年10月19日の日ソ共同宣言調印60年を控えた同17日、東京・狸穴の在日ロシア大使館2階の大ホールで日本・ロシア協会(会長・高村正彦自民党副総裁)と在京ロシア大使館(エヴゲーニー・アファナシエフ駐日大使)は、午前と午後の2部に分けて会合と各種イベントを催した。

日本側は高村正彦副総裁を筆頭に、今や一番の旬の大臣である世耕弘成経済産業・対露経済協力相、60年前にモスクワで日ソ共同宣言に調印した鳩山一郎首相(当時)の孫の鳩山由紀夫元首相、クレムリン(大統領府)にアクセスがある鈴木宗男新党大地代表、外務省の杉山晋輔外務事務次官などが出席した。そして、安倍晋三首相はメッセージを寄せた。

ロシア側はアファナシエフ大使以下、アレクサンドル・パノフ元駐日大使、ミハイル・ベールイ前駐日大使ら歴代大使揃い踏みだった。さらに外務省関係者の注目を集めたのは、5月7日のソチ、9月2日のウラジオストクでの日露首脳会談でプーチン大統領の通訳を務め、9月中旬に東京に着任したイーリ・サプリン駐日参事官であった。

サプリン参事官は、もちろん11月19日のペルーの首都リマで開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の際に行われる安倍・プーチン会談、12月15日に山口県長門市の「大谷山荘」で行われる安倍・プーチン会談でも大統領の通訳を務める。

ちなみに日本側の通訳・J氏(所属と名前は「厳秘」扱いになっている)もまた、ソチ、ウラジオストクに続き首相の通訳を務める。

〔PHOTO〕gettyimages
 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら