読書人の雑誌「本」 歴史

ノーベル経済学賞受賞者の「社会的発言」は本当に信用できるのか?

学問的業績とは全然関係ないことも…

ノーベル賞学者の「社会的発言」

過日10月の選書メチエの1冊に、私たちの『ノーベル経済学賞 天才たちから専門家たちへ』が加わった。「ノーベル経済学賞」(正式名称は「アルフレッド・ノーベル記念スウェーデン国立銀行経済学賞」)について、私がものを書くのは初めてではない。

だが、今回は、教え子や後輩たちの協力を得て、この賞の創設から現在に至るまでのほとんど全員の受賞者たちの一覧を作り、10年ごとのタイムスパンで、この賞の特徴や傾向がどのように推移してきたか、そしてこれからどこへ向かうのか、全般的な評価を試みることにした。

経済学賞の受賞者は、「ノーベル賞」の権威づけに支えられて、その発言にも重みが加わるのがふつうである。

経済学者の社会的立場は、本来、価値観やイデオロギーの違いを反映して決して一様ではないのだが、受賞者のなかにはそのことを十分承知の上で、持論を有利に展開するために「ノーベル賞」の権威を利用してきた者もいる。それが一概に悪いというのではない。

ただ、ある受賞者の社会的発言とその人の学問的業績の間には微妙な関係があり、後者の学界における高い評価が前者の社会的に影響力のある発言を正当化するとは一般にいえない。

わかりやすい例を挙げてみよう。

ミルトン・フリードマンといえば、自由主義の闘士として政府による市場経済への介入を一貫して批判し続けた経済学者だが、彼は、「消費分析、貨幣史及び貨幣理論における成果と安定化政策の複雑性を明らかにしたこと」という理由で1976年度のノーベル経済学賞を受賞した。経済学者なら彼の学問的業績についてよく知っているはずだ。

だが、世間一般の人たちは、「自由市場の威力」を多くの問題に適用した社会的発言(政府による市場経済への介入批判、インフレ抑制のためにはマネー・サプライの増加率をコントロールする以外の政策はいっさい必要ないという主張など)しか知らないのがふつうである。

彼らは、フリードマンの社会的発言には「ノーベル賞」の権威づけがあるので、十分に信用に値すると思うだろう。

だが、フリードマンとは正反対の社会的発言(自由市場の限界と政府による経済管理の必要性を主張すること、インフレは貨幣政策だけでは抑制できず、必要に応じて財政政策や所得政策などの手段も組み合わせる必要があることなど)をしてきた経済学者(多くはケインジアンだが)も同じノーベル経済学賞を受賞しており、彼らの学問的業績も専門分野に応じて多様なのだから混乱は深まるばかりである。

世間の評価を気にする風潮も

最近では、ポール・クルーグマンの例がある。

 

彼は、「貿易パターンと経済活動の立地に関する分析」によってノーベル経済学賞を受賞したが、メディアに登場する彼は、しばしば「ケインジアン」(ポール・サミュエルソンが説いた「新古典派総合」に近い)的な立場でロバート・ルーカス以後の新古典派を批判し、最近の世界的不況に際しては中央銀行が「インフレ目標」を掲げて金融緩和を進めることを提言してきた。

だが、これらの提言は、彼の受賞理由にある国際貿易や経済地理学とは何の関係もないのだ。それにもかかわらず、クルーグマンの言説が注目されるのは、彼が「ノーベル賞」の権威に支えられているからに他ならない。

もちろん、こう書いたからといって、ノーベル経済学賞の受賞者たちがそれぞれの専門分野において優れた業績を上げてきたことを否定しようというのではない。ただ、経済学においては、一つの問題でも経済学者のアプローチの仕方いかんによって異なる解答が出てくることがままあることを伝えたいだけである。

ノーベル経済学賞の受賞者がこういったから、「それが正しい」ということには必ずしもならないのだ。

経済学賞の歴史を振り返ってみると、選考委員会も結構世間の評判を気にしているような風があり、とても興味深い。

1997年に金融工学上の業績で2人の学者が受賞したとき、折しもアジア通貨危機や受賞者が関係していた会社の経営破綻が続き、世間の目は経済学賞にあまり好意的ではなかった。ところが、翌年アジア人としては初、アマルティア・センが「厚生経済学への貢献」によって受賞者に選ばれた。

ベンガル飢饉の経験から経済学を志し、低開発国の貧困問題にも多くの発言をしてきたセンの受賞をマスコミは好意的に伝えた。だが、マスコミのなかにも、センの社会的選択論における仕事を正確に評価できる者は少ないはずだ。

このような例がたくさんあれば、経済学賞のウォッチも面白いかもしれないが、私自身は今回の本でいうべきことは各章の執筆担当者が言ってくれたので、しばらくは静観することにしたい。

読書人の雑誌「本」2016年11月号より