電力
「黒部ダム」~国の浮沈をかけた大自然との熾烈な戦い
関西の電力需要を支える要衝(後編)

前編はこちら⇒http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49890

国の浮沈がかかったダム計画

トロッコ電車の終点、欅平に着いたのは朝の8時半だった。標高599m、快晴。暑くもなく、寒くもない爽やかなお天気。澄んだ空気が清々しい。

トロッコ電車で黒部川沿いに宇奈月から欅平まで遡って行く途中には、宇奈月ダム、出し平ダム、小屋平ダムと3つのダムがある。そのさらに上流に、仙人谷ダムと、黒部ダム(クロヨン)があるのだが、クロヨンの発電所は地下に隠れている。

仙人谷ダム(筆者撮影)

仙人谷ダムは第二次世界大戦の前、黒部ダムは戦後に作られたが、両ダムの共通項は、工事が未曾有に困難であったことだ。

昭和11年に小屋平ダム(黒二発電所)が完成したとき、すでに仙人谷ダム(黒三発電所)の建設が計画されていた。富国強兵のかけ声の下、電力の確保に、まさに国の浮沈がかかっていた。

 

ただ、大きな問題があった。それまでの発電所建設では、資材や作業員の輸送のため、工事に先駆けて下流から上流へとトロッコ電車の線路を徐々に延長してきた。ところが、欅平から上は延長が叶わない。河川の勾配があまりにも険しく、たとえ線路が敷けたとしても、トロッコ電車の力では絶対に登れない。断崖には、調査測量のための小道(現水平歩道)がへばりついているだけだった。

そこで、まず欅平から山の中に垂直に竪坑を造り、そこから今度は、山を水平に貫通するトンネルを掘ることになった。それ以外に、仙人谷に資材を運ぶ方法はない。竪坑の高さは200m(当時、日本一)。仙人谷ダムの建設現場は標高859mで、欅平との標高差が260mだ。

竪坑の工事が難航したという記録はない。それに比べて、トンネルの建設は想像を絶する難工事だった。掘削現場が高熱地帯に突き当たり、掘り進むにつれて岩盤の温度がどんどん上昇し始めたからだ。

ツルハシで掘り進む人に、ホースで黒部川の冷水をかける人がいて、その人に、また他の人が水をかけながら、工事は人海戦術で進められた。

しかし昭和13年、岩盤の温度は100度に達し、装填中のダイナマイトが自然発火する事故が起こり始めた。それどころか、温度はときに166度まで上がった。一方、その冬は宿舎が泡雪崩に見舞われ(前編参照)、就寝中の作業員が建物ごと吹き飛ばされたりもした。

ようやくトンネル(高熱隧道と呼ばれる)が貫通したのは、昭和15年6月。その年の11月には、念願の発電を開始した。

黒部ルート断面図(提供:関西電力)
拡大画像表示
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら