不正・事件・犯罪
闇社会と闘ったエリートバンカーが、ついに封印を解いた
リアル「半沢直樹」がここにいた

バブル期最大のスキャンダル

「表」と「裏」が渾然一体となった社会――それは長く日本型システムとして認知され、ピークは1980年代半ばから90年代始めにかけてのバブル時代だった。

株主総会を「総会屋」が仕切り、ゼネコンの下請けを「名義人」と呼ばれる業者が捌き、地権者や住民の反対で不動産事業が停滞すれば「地上げ屋」が活躍、乱発手形が市中に出回れば「回収屋」の出番であり、そうした勢力の背後には必ず暴力団が控えていた。

「3000億円が闇に流れた」と言われたイトマン事件は、バブル時代の象徴であり、広域暴力団山口組に足場を置く伊藤寿永光、許永中という2人の凄腕の仕事師が、老舗商社のイトマンを起点に、「都銀の雄」だった住友銀行まで侵食したという意味で、戦後経済史に名を残している。

四半世紀を経てなお、記憶にも記録にも留められている事件だが、報道や公判を通じて、伊藤と許の2人が、イトマンの河村良彦社長、住銀の磯田一郎会長といった最大の権力者を篭絡、悪漢小説の主人公のように細心にして大胆な手口で、資金を引き出した経緯についてはよく知られている。

しかし、防御に回った住銀が、この異常事態をどう乗り切ったかについては、これまで語られることはなかった。エリートバンカーたちにとって、闇の勢力に翻弄され、うろたえ動揺した過去は、大銀行としての体面と信用を守るためにも、決して明かしてはならないものだった。

國重惇史元取締役が、『住友銀行秘史』でその封印を解いた。衝撃は、國重が幹部行員のひとりとしてイトマン事件を語っているだけはなく、自ら事件を仕掛けたプロデューサーであることを明かしたことである。

筆者の取材に応じる國重氏

<私共は伊藤萬の従業員であります>

時節の挨拶の後、こういう書き出しで始まる文書は、約1兆3000億円の資産のうち約6000億円が固定化、金利負担が重くのしかかり、グループ内を転がすことで表面上は利益を出しているものの、実際は約300億円の赤字であることを過不足なく伝えるもので、イトマン事件の発火点となった。

土田正顕・大蔵省銀行局長へ向けたこの文書は、マスメディアに広く流通、それも第2弾、第3弾と続き、コピーが重ねられて一部が不鮮明となった文書を手に取材する記者たちは、内容の確かさに驚かされ、「誰が書いたのか」と、“犯人探し”を行ったが、判明することはなかった。

國重は、作者が自分であることを明かした。それは一介の部長でありながら、<バブルを謳歌している日常の裏で、恐ろしい出来事が起きているという直感があった>からで、國重の戦いは、1990年3月、「問題のスタート」と住銀発行のメモ帳に書いたところから始まっている。

その際、共闘の相手として國重が選んだのが、日本経済新聞記者の大塚将司だった。敏腕記者として知られる大塚は、この時までにイトマンの窮状をある程度、把握しており、國重がマスコミを使って陽動作戦を仕掛ける時、胆力と実力を兼ね備えたパートナーとして最適だった。

以降、91年7月の河村、伊藤、許らの特別背任容疑などでの逮捕に至るまでに、國重が使ったハガキ半分ほどのメモ帳は8冊にのぼり、予想通り<日本の金融史、経済史に残る大きな事件>となった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら