ライフ ブルーバックス
ネイティブも認めた!怖いくらい通じる「カタカナ英語」の法則
脳科学に基づく目からウロコのメソッド

脳科学に基づいた合理的メソッド

すでに日本語の音にカスタマイズされてしまった私たち大人の脳にとって、残念ながらネイティブ発音の習得は至難の業。

脳科学者である著者・池谷裕二氏も米国留学時代に発音で大いに苦しんだという。そして試行錯誤の末にたどり着いたのが、まったく新しい「英語→カタカナ変換」の法則だった。

脳のしくみに着目し、もっとも合理的にネイティブ発音に近づく画期的方法とは?『怖いくらい通じるカタカナ英語の法則』で英語学習が激変する。

まったく通じない!

この本は、私がアメリカに留学していた頃に偶然生まれた何気ないアイデアに端を発して書かれたものです。

アメリカに渡ったのは2002年の12月。当時の私を迎え入れたマンハッタンの街並みは華やかなクリスマスイルミネーションで飾られていました。洒落た装いでデートするカップル、充実した表情で闊歩するビジネスマン、珍しい犬を連れて散歩する老夫婦。

前年の同時多発テロのショックもようやく和らぎ、道行く人々に活気が戻りはじめた、そんな時期のニューヨークでした。

アメリカで展開されている最前線の脳研究をこの目で見てみたい。できるならば最先端の研究に参加したい──。長年の夢を叶えるために太平洋を越えてやってきました。

生まれてはじめての海外生活。期待と不安が入り混じった、いや、正直にいえば少しの期待と圧倒的な不安を胸に抱いてニューヨークに降り立った、あの非現実的な感覚は今でも忘れられません。

しかし、そんな浮遊感も束の間、華麗なニューヨークの街並みとは対照的に、しだいに私の心は零下10℃にもなろうかという外気温と共に沈鬱してゆきました。

理由は──。そう、言語の壁でした。話したことが通じないのはおろか、相手の話す内容がさっぱり理解できなかったのです。

中学・高校と手を抜くことなく英語を勉強してきましたが、英語という科目は当時から学期テストで足を引っ張る苦手教科でした。

実用英語技能検定(いわゆる英検)は今でも4級のままですし、TOEFLやTOEICは一度も受験したことはありません。英会話スクールなんて、下手な英語がクラス仲間に露呈するのが恥ずかしくて、通おうと考えたことさえない。それが留学前の私でした。

もちろん、そんな英語力では現場で歯が立つわけがありません。

地下鉄の乗り方もわからない。注文しても希望の料理が出てこない。道を尋ねても私の英語を聞き取ってもらえない。たとえ、かろうじて通じても、せっかくの返答を聞き取ることもできず、私にできることといえば不気味な作り笑顔を返すことだけ。レジでは言われた値段と違う金額を払ってしまう。銀行の窓口では全く相手にされない。タクシーには乗せてさえもらえないという屈辱も受けました。

アパートの契約、電気・ガスの開通、電話回線の開設、テレビの契約。飛び込めばなんとかなるだろうという楽観的な憶測は見事にうらぎられ、プライドも完全に崩れてしまいました。いま考えれば、そんな人間がいきなりアメリカで最先端の脳研究を展開しようなど、無謀な計画にほかなりませんでした。

悶々として送る日々。1ヵ月、半年、1年……容赦なく月日は経ちます。そんなある日、ふと気づいたことがありました。ここからがストーリーの始まりです。

 

「ハゼゴン」の発見!

いつものように朝、仕事場に行くとすでに出勤していた研究室のメンバーが私に何か話しかけてきます。「ハゼゴン」。──え? ハゼゴン? なんだろう。ドラゴンの仲間かな? マンガのキャラクターかな? いろいろな考えが頭を巡ります。

きょとんとした私の表情からすべてを察した彼は単語を区切ってゆっくりと言い直してくれました。「How ‐ is ‐ it ‐ going?(元気かい)」。

おお、How is it going? と言っていたのか!

あのときの驚きは今でも新鮮に覚えています。How is it going? という4単語が、実際に発音されると、元とは似ても似つかぬハゼゴンとなるのですから。

それからというもの私は人に会うたびに「ハゼゴン?」と聞いてみました。皆にこやかに返答してくれます。ハゼゴン、ハゼゴン。そうなのです! 私の話す英語がきちんと通じているのです。あまりの感激に舞い上がるような気分でした。

それにしても「ハゼゴン」というカタカナの羅列で通じるとは驚くべきことでした。学校で習った英語とはあまりにも違う発音なのです。そして気づきました。もしかしたら、授業で習った発音は便宜上のもので、アメリカ人たちが話す英語とは違うのではないか、と。

ネイティブも認めた画期的発音術!

その後、私は先入観を捨てて、耳に聞こえるままの発音を素直に聞くことを心がけました。すると、これまで当然とばかり思っていた発音が、じつは間違っている、あるいはそのままでは通じないことがしだいに理解されてきました。

そして、自分の英語はどこがおかしいのか、どうすれば直るのか、そんなことを真剣に考える日々が続くようになります。血のにじむような奮闘の末、私は3つの結論に辿り着きました。