中国
「習近平独裁体制」いよいよ完成間近!「6中全会」前夜の権力闘争劇
そして歯向かう者は、いなくなる

習近平が勝負に出た

中国の首都・北京が、にわかに緊張感に包まれだした。それは、10月24日から27日まで、「6中全会」(中国共産党第18期中央委員会第6回全体会議)が開かれるからだ。

中国では5年に一度、共産党大会を開いていて、大会の時「1中全会」を開き、以後5年間の共産党の主要人事を決定する。次に翌年3月の全国人民代表大会(国会)前に「2中全会」を開いて、政府の主要人事を決定する。続いてその年の秋に「3中全会」を開いて、政権の主要方針を定める。

本当に重要なのはこの「3中全会」までで、以後は毎年秋に、「4中全会」「5中全会」「6中全会」を開く。特に最後の「6中全会」は、翌年秋の共産党大会に向けた「橋渡し」のような会議なので、党内で激しい権力闘争にならない文化面の改革などをテーマにして、お茶を濁すことが多かった。

 

具体的に、改革開放路線を始めて以降の「6中全会」のテーマを振り返ってみると、1981年が「建国以来の党の若干の歴史問題決議に関して」(文化大革命の総括)。1986年が「中国共産党中央委員会の社会主義精神文明の建設指導方針の決議」。1990年(前年に天安門事件が起こったため変則)が「中国共産党中央委員会の党と人民群衆の関係強化に関する決定」。1996年が「思想道徳に関する党内初の党内の雰囲気づくり建設」。

今世紀に入って、2001年が「党の雰囲気づくり建設の強化と改革進化の決定に関して」。2006年が「中国共産党中央委員会の社会主義和諧社会構築に関する若干の重大問題の決定」。2011年が、「中国共産党中央委員会の文化体制改革を深化させ、社会主義文化の大発展と大繁栄の推進に関する若干の重大問題の決定」である。

ところが今回、習近平総書記は、「新たな形勢下での党内の政治生活の若干の準則の制定と、中国共産党党内監督条例(試行)の修訂」を、「6中全会」のテーマに持ってきたのである。意訳すると、「習近平体制下で習近平総書記に従う準則を制定し、それを監督する条例を定める」ということだ。

つまり、これまでの「6中全会」で見られた文化面での改革などとはまったく異なり、来年秋の党大会へ向けて「習近平独裁体制」を認定させ、従わない党員は処罰していく決定を目論んでいるのだ。習近平総書記は、中国語で言う「先発制人」(先んずれば人を制す)を実践したわけで、共産党大会まであと一年となったところで、一気に勝負に出たのである。

〔PHOTO〕gettyimages
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら