日本史 キリスト教
関東大震災から100日後のクリスマス…その時「自粛」はあったのか
第一次大戦から関東大震災へ

大正時代の二大事件といえば、1914年の欧州大戦(第一次大戦)と1923年の関東大震災である。世界の列強と肩を並べ、高揚する社会の空気の中で、クリスマスはどう変わっていったのか。日本人とクリスマスの不思議な関係をずんずん調べる連載第14回。

(前回はこちら→ gendai.ismedia.jp/articles/-/49956)

1914年のクリスマス休戦

欧州大戦ならではのクリスマス記事は、その開戦の年、1914年(大正3)に載っている。

そもそもこの年の欧州大戦は、クリスマスがひとつのキーワードになっている。

7月に勃発した戦争は、当初「クリスマスのころまでには終わる」と楽観的にとらえられていた。この戦争を描写したいくつかの文学作品にその文言が見られる。

クリスマスは自分の家で迎えられると気楽に信じて、兵士は国をあとにしていった。しかし予想をはるかに越え、この大戦は4年にわたり続くことになる。

もうひとつ有名なのは、1914年のクリスマス休戦である。イギリス兵とドイツ兵が対峙していたいくつかの前線で、この年の12月25日に戦闘を止めた。「クリスマスだから休戦しよう」という自然発生的な動きがあった。あくまで現場の兵士たちの唐突な行為である。広くみなで一斉に休戦したわけではない。戦いを続けていたところも多い。

ただあまりに印象的な出来事であったため、いまに語り継がれている。

もちろん戦争指導部としては、当然、認められるような行為ではなく、1915年以降にそのような休戦は起こっていない。いっときの夢まぼろしのような休戦である。

この2つのポイントによって、欧州大戦の初年はクリスマスと因縁が深い印象を持たれている。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら