歴史 政治政策
佐藤優が説く!いま日本人がヒトラー『わが闘争』を読むべき理由
この国は意外とナチスに近い?

新たに発覚した日本人への侮蔑

「名著」とはやや異なるが、名前だけは有名でもほとんど読まれたことがないのが、「ナチスの聖書」と呼ばれた『わが闘争』だ。

アドルフ・ヒトラーの著作権は、ドイツのバイエルン州が持っている。これまで同州は『わが闘争』の復刊を認めてこなかった。2015年にヒトラーの死後70年が経過し、著作権が消滅したので、誰でも『わが闘争』を刊行できるようになった。

この本の影響を防ぐために今年1月、ドイツの現代史研究所が註釈つきの『わが闘争』を刊行した。筆者もドイツから取り寄せたが、全体で1966頁、2分冊になっており、卓上版大英和辞典並みの大きさなので、持ち歩きができない。

先の戦争で、ドイツとイタリアは日本の軍事同盟国だった。しかし、戦前の『わが闘争』の翻訳からは、ヒトラーが日本人を侮蔑している箇所が削除されていた。日独提携の障害になるとの観点から自主検閲を行ったのであろう。その内容は以下の通りだ。

〈日本は多くの人々がそう思っているように、自分の文化にヨーロッパの技術をつけ加えたのではなく、ヨーロッパの科学と技術が日本の特性によって装飾されたのだ。実際生活の基礎は、たとえ、日本文化が―内面的な区別なのだから外観ではよけいにヨーロッパ人の目にはいってくるから―生活の色彩を限定しているにしても、もはや特に日本的な文化ではないのであって、それはヨーロッパやアメリカの、したがってアーリア民族の強力な科学・技術的労作なのである。これらの業績に基づいてのみ、東洋も一般的な人類の進歩についてゆくことができるのだ。これらは日々のパンのための闘争の基礎を作り出し、そのための武器と道具を生み出したのであって、ただ表面的な包装だけが、徐々に日本人の存在様式に調和させられたに過ぎない。

今日以後、かりにヨーロッパとアメリカが滅亡したとして、すべてアーリア人の影響がそれ以上日本に及ぼされなくなったとしよう。その場合、短期間はなお今日の日本の科学と技術の上昇は続くことができるに違いない。しかしわずかな年月で、はやくも泉は水がかれてしまい、日本的特性は強まってゆくだろうが、現在の文化は硬直し、七十年前にアーリア文化の大波によって破られた眠りに再び落ちてゆくだろう〉

このような人種的偏見を持ったナチス・ドイツと同盟を結ぶことになぜ当時の右翼・保守知識人は異議を申し立てなかったのだろうか。

 

筆者が知る範囲では、左右両派から蛇蝎の如く嫌われていた極右思想家の蓑田胸喜が『わが闘争』をドイツ語で読んで、日本に対する侮辱的表現について東京のドイツ大使館に抗議に行ったくらいである。

ドイツ大使館は、適当にあしらい、論壇も蓑田の見解には耳を傾けなかったので、大多数の日本人はヒトラーの日本人蔑視に気づかなかったのである。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら