「行程表」をスクープ入手!チーム小池「豊洲移転中止」のこれから
驚きの計画の全貌

豊洲新市場が安全と証明されれば、移転は進むのか?計画通り、築地市場は更地にするのか? 事ここに至っては、もう予定調和などあり得ない。チーム小池が放つ、驚きの計画の全貌をすっぱ抜く。

神風が吹いた

〈豊洲移転の決定を、今一度立ち止まって都民と考える〉

〈豊洲新市場の建設費が、約4000億円の見込みだったにもかかわらず、4年間で2000億円も増えている。その原因を厳しく検証しなければならない〉

〈すでに豊洲新市場の建物はできていることを踏まえ、複数の解決案を提示し、予断を持たずに検討を進める〉

—これは、ある内部文書に記された文言である。作成されたのは、小池百合子東京都知事が誕生する前の今年7月ごろといわれる。都庁関係者がこう証言する。

「小池さんは、都知事に就任する前から、いちはやく側近に命じて、『都知事になったら、まず築地市場と豊洲新市場の問題から着手する』ことを前提に情報収集させていました。そのうちの何人かは、小池氏が作った豊洲問題のプロジェクトチームに入っています。

最終的に、チーム小池内では『4つのシミュレーション』が提示されました。その中で、『4つめの選択肢』—つまり最有力のプランとして記されていたのが、豊洲新市場への移転中止、そして『新・築地市場』を完成させる、というウルトラCだったのです」

本誌は今回、この内部資料、つまり築地市場移転問題に関する「行程表」の一部を入手することに成功した。冒頭で引用したのは、その文書の最初に記されている大方針である。

 

9月28日の所信表明演説で、小池氏はこう言い切った。

「責任の所在を明らかにする。誰が、いつ、どこで、何を決めたのか。何を隠したのか。原因を探求する義務が、私たちにはあります」

一見すれば先行きの見えないこの状況で、彼女がつねに強気を貫けるのは、圧倒的な都民・国民の支持を得ているからだけではない。まだ他の誰にも明かしていない、この「行程表」が脳裏にはっきりと描かれているからなのである。

この資料から分かるのは、小池氏が豊洲新市場への移転そのものを見直すことを、最初から「本命」と位置付けていたということだ。現在のところ、小池氏はそれを公には口にせず、あくまで「延期」とだけ言っている。まだ機が熟していない、とみているのだろう。

しかし、小池氏が移転中止という「ウルトラC」を都民・国民の前で披露するその日は、当初の予定よりも早まったかもしれない。豊洲新市場の地下空間の発見と、いわゆる「盛り土問題」の紛糾は、チーム小池にとってもまったくの「棚ボタ」だったからだ。都議会野党議員がこう話す。

「小池さん自身、ここにきて『盛り土問題』でこれほど豊洲新市場のイメージが悪くなるとは予想していなかった。何せ、就任からわずか1ヵ月で、築地市場を無条件に豊洲へ移転させることは不可能になりましたからね。

しかもこの件で、都知事選のときに『厚化粧』などとさんざん悪口を言われた石原(慎太郎元都知事)さんに、頭を下げさせることまでできた。『神風が吹いた』と言ってもいい」

石原元都知事と中央卸売市場長が謝罪に追い込まれた〔PHOTO〕gettyimages
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら