台湾 日本 政治政策 政局

蓮舫は蔡英文を超えられるのか?~日台「民進党」を比べてみた

台湾・民進党の躍進から学ぶべきこと

実は共通点も多い

最近は、台湾政治について日本でもかなり関心が高まっていて、2016年1月にあった総統選では、過去にないほど活発な報道が日本メディアで展開された。昨今のブームと言えるような台湾観光の盛り上がりもあり、テレビでは台湾情勢を扱った番組もかなり増え、台湾=マイナーという位置づけからどうやら少しずつ脱皮しつつあることを日に日に感じている。

しかしながら、もともと台湾政治というのは、国際政治研究のなかでもマイナーな領域であったため、テレビや新聞の報道などで、台湾に関連する名称が出たりすると、ついついセンサーが働いて注目してしまう習性が、私のような台湾に深く関わっている記者や研究者はすっかり身に付いている。そこで困ったことになったのは、日本における「民進党」の誕生だった。

日本の民進党については、最近は蓮舫氏が選ばれた党代表選挙などもあり、テレビで「みんしんとう」という名前をいつも耳にする。言うまでもなく、民進党はもともと台湾の政党の名称であり、現在、蔡英文総統のもと政権を担当している。台湾の民進党の本当の名称は「民主進歩党」であるが、台湾では誰からも民進党と略称で呼ばれており、我々日本人も民進党と呼ぶことにすっかり慣れ切っている。

民主党に維新の会が合流して民進党になることが決まったとき、台湾関係者に戸惑いが広がったのは、前述のようにそもそも紛らわしいうえに、政権復帰を遂げて勢いのある台湾の民進党にとって低迷状態にある政党と同じ名前になることは運気が悪いという意地悪な見方も出ていた。

[PHOTO]GettyImages

筆者が台湾を訪れていた9月末、ちょうど台湾の民進党は結党30周年を迎えていた。9月28日の記念式典こそ台風の襲来による防災対策のため中止となったが、民進党の歩みを振り返る展示や特集の報道がかなり行われており、台湾における民進党の歩みと位置づけを理解するのにいい機会となった。

台湾の民進党と日本の民進党は、名前が同じということだけではなく、基本的に多くの共通点を持っている。どちらも戦後長期的に国政を牛耳ってきて強い政治基盤を有する保守政党(日本=自民党、台湾=国民党)にチャレンジすることを、結党以来の宿命的な課題として背負っている政党である。大企業や政官癒着に対して批判的で、富の均等的分配やマイノリティーの権利擁護、環境保護など、リベラルな政治的立場を内在させている。

一体感なき日本の民進党

だが、「台湾の民進党にあって、日本の民進党にないもの」にも、いくつか気づかされた。その1つが、党の理想や価値が、議員や党員に十分に共有されているかどうかである。

 

台湾の民進党は、その党綱領に台湾自身の国家創設を目標に掲げている。もちろん現実の政治のなかで蔡英文政権は現状維持路線をとり、対中関係の安定を目指している。しかし、譲れない1点として「台湾は台湾である」という道を、これからも台湾に生きる人々と歩んで行くという理想は譲らない。台湾の民進党内にも複数の強力な派閥があり、派閥領袖がそれぞれの子飼いの議員や人脈を固めているが、この理想の共有だけは揺るがないので一体感は保たれている。

一方で、日本の民進党(民主党)の理想や価値は何かと言われても、日本人で答えられる人は少ないだろうし、民進党内部にすらコンセンサスがないのではないだろうか。自民党にいてもおかしくない保守派から労組系の左派までも抱え込んでいるため、不協和音が広がりやすいうえ、みんなが賛同できる理想や価値を示せる状況にないので一体感が生じないのである。

新メディア「現代新書」OPEN!